阿藤智恵のサイト


作品

「さよなら、私の『桜の園』」

登場人物

男2人 女5人

作品について

明日は新しい工事が始まるという、ある空き地。

夜中に訪ねてきたひとりの若い女性は、この場所で、たった一人で『桜の園』を演じるためにやってきたと話す。

ひとつだけ残された古いアーチをくぐり、彼女はあのチェーホフの「桜の園」の世界へ……

上演記録

2010年 初演

(文化学院創造表現科演劇専攻卒業公演 演出・阿藤智恵)