阿藤智恵のサイト


作品

「しあわせな男」

作品について

舞台には何もない、ように見える。
風の音がしている。
ずっと昔から吹き続けてきた、あの、耳慣れた・・・。
吹き寄せられるように集まってくる女たち。
古ぼけたドアに招き入れられて、
一人また一人、帰らない男を待つ、あの家へ。
そして、決して待たれたことのなかった男、ひとり。
ささやかなしあわせの時間。

上演記録

2008年 初演
(Pカンパニーオープニング記念公演 演出・阿藤智恵)
この作品は、カモミール社発行の『テアトロ』2008年10月号および、阿藤智恵戯曲集『十六夜の月』に掲載されています。