阿藤智恵のサイト


作品 ~戯曲と小説 作品一覧~

作品の上演等については、「?」よりお問い合わせください

2017

戯曲「七月の夜の虹」

登場人物

女 4人

作品について

今は亡き両親が建てた、築50年を超える家に、別れを告げるために集まる姉妹の一夜の物語。
わたしたちは、前の世代から何を受け取って、後の世代に何を手渡していけるんだろう。
やさしい女たちの、やさしいおはなしです。

上演記録

2017年 初演

 

戯曲◇絵本シアター「ケルトの月夜のお話」

登場人物

3人+α

作品について

E・レニハン『異界のものたちと出遭って:埋もれたアイルランドの妖精話』(出版:アイルランドフューシャ奈良書店)から選り抜きのお話を、大人のための絵本シアターにしました。

愉快で、ちょっと怖い、アイルランドのお話です。

これもほとんど戯曲じゃないんだけれども、ここに載せておきます。

上演記録

2016年 初演

2016

戯曲◇絵本シアター「森でおはなし」

登場人物

3人+α

作品について

「天気のいい日は、森へ行こう!」
元気に歌いながら森を歩けば、出会いがいっぱい!

子どもも大人も、みんなで楽しめる絵本シアターをつくりました。

もうこれは戯曲じゃないんだけれども、ここに載せておきます。

上演記録

2016年 初演

 

2015

戯曲「森でおはなし(げき)」

登場人物

1人+α

作品について

森は、不思議です。どんな人も、森には、似合う。どんな人も、森では、うれしい。

「今ここに共に在る奇蹟」を体感する、これは、阿藤智恵初の〈えんげき〉作品です。

 

上演記録

2015年 初演

 

戯曲「詩人の家」

登場人物

男2人 女2人 +1人

作品について

詩人と女優の暮らす家。ある日、若い女が連れられてきて……
演劇雑誌『テアトロ』2015年3月号および、阿藤智恵戯曲集『詩人の家』に掲載されています。

 

上演記録

2015年 初演

 

2012

戯曲「どこまでも続く空のむこうに」

登場人物

男1人 女5人

作品について

どこともしれない場所で、どこまでも続く空を見上げる女たちのもとへ、一人の男が現れて……
演劇雑誌『テアトロ』2012年4月号および、阿藤智恵戯曲集『詩人の家』に掲載されています。

 

上演記録

2012年 初演

(Pカンパニー公演)

2011

戯曲「十六夜の月」

登場人物

女9人 男3人 +α

作品について

高校生のための作品。森で暮らす少女たち、山で暮らす少女たち、それぞれの十七歳。春の風吹く空の上で、月が穏やかに見守っています。
この作品は、演劇雑誌『テアトロ』2011年7月号および、阿藤智恵戯曲集『十六夜の月』に掲載されています。

上演記録

2011年 初演
(拓殖大学第一高校演劇部「春の高校演劇スペシャル」公演)

コント「37分のバスは……」「バスを降りたら電話して」

登場人物

「37分の…」男1人女1人 「バスを…」女2人

作品について

Pカンパニー番外公演『バス停のある風景~コント編~』参加作品。
それぞれ5分ほどの、実にくだらないコントです。

上演記録

2011年 初演

(Pカンパニー番外公演『バス停のある風景~コント編~』)

小説「ツヅキ2011」

作品について

2本目の小説作品です。この作品は、同人誌『突き抜け3』に掲載されています。

戯曲「曼珠沙華」

登場人物

男2人

作品について

二十数分の短編です。

上演記録

2011年 初演

(Pカンパニー番外公演その弐
「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」)
この作品は、カモミール社発行の『テアトロ』2011年10月号および、阿藤智恵戯曲集『詩人の家』に掲載されています。

戯曲「【大河版】ささくれリア王」

登場人物

女9人 男8人

作品について

2009年、椿組のために書き下ろした作品を、演劇集団大河の皆さんに合わせて大幅改定しました。

上演記録

2012年 初演
(演劇集団大河 演出 澤田京子)

小説「マチゾウ」

作品について

なんてことない短い小説です。この作品は、同人誌『突き抜け4』に掲載されています。

2010

戯曲「いつも、ひとりで~『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』によるモノローグ~」

登場人物

女1人

作品について

阿藤智恵の2002年作品
「セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン」(平成13年度文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作)
をもとに、新たに書き下ろしたモノローグ。

寡黙だった女1(ハルコ)が、長い時を経て、自らを語り出します。

上演記録

2010年 初演

(「ただ、独り」舞台 演出・阿藤智恵)

戯曲「さよなら、私の『桜の園』」

登場人物

男2人 女5人

作品について

明日は新しい工事が始まるという、ある空き地。

夜中に訪ねてきたひとりの若い女性は、この場所で、たった一人で『桜の園』を演じるためにやってきたと話す。

ひとつだけ残された古いアーチをくぐり、彼女はあのチェーホフの「桜の園」の世界へ……

上演記録

2010年 初演

(文化学院創造表現科演劇専攻卒業公演 演出・阿藤智恵)

戯曲「バス停のカモメ」

登場人物

男2人 女3人

作品について

男は百科事典のセールスマン。今日も営業の途中とおりかかった山道に、ぽつりと立つバス停、その脇に立つ一人の女。

何の気なしにバスのことを訊ねた男は、いつの間にか女の家に招き入れられていて……

別役実作品との同時上演のために書き下ろした阿藤の「不条理的妄想劇」。別役世界に始まって、チェーホフの『かもめ』に跳び、そして物語はどこへ……?

上演記録

2010年 初演

(Pカンパニー公演 演出・冨士川正美)
この作品は、カモミール社発行の『テアトロ』2010年1月号および、阿藤智恵戯曲集『十六夜の月』に掲載されています。

2009

戯曲「ささくれリア王」

登場人物

男7人 女8人

作品について

還暦を少しまわった運送会社元社長・中島和郎、

乞われるがままに笹木友晴ひきいる劇団「ささくれ団」に入団してしまい、

あろうことか入団早々、かのシェイクスピアの傑作悲劇『リア王』のタイトルロールを演じることに。

「劇団」という魅惑の集団へささげるラブレターです。

上演記録

2009年 初演

(劇団椿組公演 演出・阿藤智恵)

2008

戯曲「ドリップ・ドロップ・ドリップ」

登場人物

男1人 女3人 +α

作品について

三つのお話がからみあって一つの時間を綯い上げていく「不思議系」作品。しかも、歌入りです。

上演記録

2008年 初演
(文化学院創造表現科演劇専攻卒業公演 演出・阿藤智恵)

戯曲「しあわせな男」

作品について

舞台には何もない、ように見える。
風の音がしている。
ずっと昔から吹き続けてきた、あの、耳慣れた・・・。
吹き寄せられるように集まってくる女たち。
古ぼけたドアに招き入れられて、
一人また一人、帰らない男を待つ、あの家へ。
そして、決して待たれたことのなかった男、ひとり。
ささやかなしあわせの時間。

上演記録

2008年 初演
(Pカンパニーオープニング記念公演 演出・阿藤智恵)
この作品は、カモミール社発行の『テアトロ』2008年10月号および、阿藤智恵戯曲集『十六夜の月』に掲載されています。

2007

戯曲「ボクとアネキとパパとママ」

登場人物

男3人 女4人

作品について

ボクは、中学2年生。高校生のアネキと両親の4人ぐらし。
平凡な一家の平凡な日常に、ある朝大事件が勃発した!
お茶の間を舞台にした家族のどたばたコメディです。

上演記録

2007年 初演
(文化学院創造表現科演劇専攻卒業公演 演出・阿藤智恵)

2006

戯曲「死んだ女」

登場人物

男6人

作品について

舞台には、棺がひとつ。
死んだ女をめぐる、男たちのあてどもない会話。
阿藤智恵待望の「不思議系」戯曲第2弾。

上演記録

2006年 初演
(Happy Hunting Ground)
2009年 改訂・再演
(Pカンパニー 演出:阿藤)

戯曲「A・B・C」

男4~7人 女5~8人

作品について

2004年作品Samplerからの2篇に新たな小品をプラスしたオムニバス作品。
■A Blue Candy■いつも「秘密基地」に集まる小学校4年生の女の子4人組。最近やってきた転校生のうわさ話が思っても見ない喧嘩に発展し…。

■A BeaCh■夏のある日、意気揚々と海水浴場に繰り出した男子4人組。今年こそ絶対、かわいい女の子と恋するぞ!

■A BirdCage■大好きな彼に、5時間の待ちぼうけをくわされ、ふられた女の子。泣きながら帰った部屋に待ち受けていたものは!?

■A BenCh ■ ひまな時間をつぶそうと、何の気なしに座ったベンチ。気軽な世間話でもするつもりがあっという間に……わずか10分間のジェットコースター芝居です。

■A BalCony■ もしもロミオとジュリエットの恋に反対する人がいなかったら、若い彼らはその先ずっと幸せにいられたでしょうか?

■A Blue Candy ――10years later— ■10歳だった少女たちのその後の物語。あれから10年、明日は成人式です。

上演記録

2006年 初演
(文化学院創造表現科演劇専攻夏公演 演出・阿藤智恵)

2005

戯曲「恋とグァテマラ~後藤珈琲店物語~」

登場人物

男6人 女7人

作品について

無愛想なマスターの居る、いつもグァテマラしか出さない珈琲店。
ある日小説家志望の男がやってきて、恋の物語が始まります。

上演記録

2005年 初演

(劇団椿組公演 演出・阿藤智恵)
この作品は、阿藤智恵戯曲集『十六夜の月』に収録されています。

戯曲「おにぎりとポテトチップス」

登場人物

男1人 女1人

作品について

7人の作家が参加した2005年秋の椿組公演のために書き下ろした小作品。上演時間は15分程度です。

上演記録

2005年 初演

(劇団椿組公演『待ちながら・・・・公園にて』 演出・外波山文明 構成協力・阿藤智恵)

戯曲「稽古場へようこそ!~次回公演「三人姉妹」は間もなく初日です~」

登場人物

男6人 女5人

作品について

チェーホフの傑作戯曲『三人姉妹』上演に向けて稽古中のとある学生劇団。役者が突然降板したり、劇団内恋愛が白熱化したりとてんてこまい。はたして無事に初日の幕は開くのでしょうか?

上演記録

2006年 初演

(文化学院創造表現科演劇専攻卒業公演 演出・阿藤智恵)

2004

戯曲「Sampler」(そこはかとない短編オムニバス)

登場人物

男2~5人 女5~11人

作品について

ワークショップのために書き下ろした阿藤智恵のSampler=見本帖。
ゆるやかにつながっているようなつながっていないような7本の短編集、プロローグとエピローグつき。
切ないお味がメインかな。

2003

戯曲「中二階な人々」(平成14年度文化庁舞台芸術創作奨励特別賞)

登場人物

男4人 女3人

作品について

大学時代から10年来の同居を続ける男女6人の家に、ある日若い女性がやってきて…。
なんとなくやさしくて、切なくて、煮え切らなくて、どこにもいけなくて…そんな中二階な人々のお話。
この作品は、劇団協議会発行の『新鋭劇作集 15』および、阿藤智恵戯曲集『詩人の家』に掲載されています。

上演記録

2004年 初演

(文学座アトリエ公演 演出・高瀬久男)

初演時の記録は文学座上演記録のページへ。

2002

戯曲「セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン」(平成13年度文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作)

登場人物

女4人

作品について

母親を捜す三人の姉妹の物語。
ちょっぴり不条理風なコメディです。

この作品は、劇団協議会発行の『新鋭劇作集 14』に掲載されています。

上演記録

2003年 初演

(一跡二跳プロデュース 演出・古城十忍)

初演時の記録は劇団サイトへ。

戯曲「MATERNITY FRATERNITY」

登場人物

女5人

作品について

出産予定を間近に控えた5人の妊婦たちのにぎやかな2時間。
女のはてしないおしゃべりシリーズ、第2弾。

上演記録

2002年 初演

(Players’ Market 公演 演出・伊東由美子

小説「空と丘の間で」(世田谷文学賞二席)

作品について

初の小説作品。
実らない恋についての短編です。
この作品は、世田谷文学館刊行の「文芸せたがや」22号に掲載されています。

1997

戯曲「ドアを開ければいつも~FOUR SISTERS~」(初の戯曲作品)

登場人物

女4人

作品について

ひさびさに集まった四人姉妹の、深夜まで続くはてしないおしゃべり。

上演記録

1997年 初演

(Players’ Market公演 演出・久世龍之介)

2003年 再演

(からから工場公演 演出・悠生)

再演時の記録は劇団サイトへ。