阿藤智恵のサイト


これまで 〜阿藤智恵 誕生から現在まで〜

2017年

  • 1月22日 ゆっくり小学校卒業(第3期生)、「さんかく賞」を授与される。★感想文が、ゆっくりwebに掲載
  • 絵本シアター「ケルトの月夜のお話」上演(2月19日 国立・ケルティックムーン 出演 上野アサ・ゆうきちゃん・三浦千枝・Naoko♪)
  • 熊坂路得子ソロライブにて、詩作品7篇がアコーディオン曲として初演。(2月22日 下北沢lete)
  • 演劇ユニットセミマツにより『ドアを開ければいつも』上演(演出;青山勝 古民家asagoro)
  • 名古屋大学 劇団新生により『中二階な人々』9回目の上演(演出;荒島舜輔 七ツ寺共同スタジオ)
  • みそじん さよなら鶏由宇公演『ドアを開ければいつも』(演出;青山勝 atelier鶏由宇)
  • 石井ゆかり『選んだ理由。』(ミシマ社)の中の一部が、朝日新聞コラム「折々のことば」に掲載(2017年4月9日朝刊)。
  • 歌曲『青空』2回目の演奏 (ソプラノ;新田恵)
  • 稲城手づくり市民まつり「絵本の森」に、絵本シアター『森でおはなし』で参加(稲城市城山公園 出演:上野アサ・ゆきこ・Naoko♪・三浦千枝・阿藤智恵)
  • 5月/6月 大阪にて〈えんげき〉のじゆうじかん
  • 草加・サロンりとるりにて〈えんげき〉のじゆうじかん
  • 6月 稲城市内の森にて、保育園貸し切り公演絵本シアター『森でおはなし』2回の上演(出演:ゆうきちゃん・三浦千枝・Naoko♪・阿藤智恵・どんぐり)
  • 八王子市内の森「宇津木の里山」にて絵本シアター『森でおはなし』上演(出演:ゆうきちゃん・三浦千枝・Naoko♪・阿藤智恵・うさ子)
  • よむだけ芝居『七月の夜の虹』上演(cafe ゆい~と 出演:ゆきこ・輪島成子・鴨志田亜矢子・佐藤智里)
  • パーマカルチャーと平和道場 オープニングパーティーにて『道場でおはなし(げき)』上演(出演;穂積奈々 川村若菜)
  • 演劇誌『テアトロ』2017年9月号にエッセイ『ありがとう上野山先生』掲載。

2016年

  • 劇団ひびきにより『おにぎりとポテトチップス』2回目の上演(演出;居郷毅 おかやま演劇サロン 演JAM2016参加作品)。
  • 高知県立春野高校演劇部にて〈えんげき〉のじゆうじかん。
  • 昨年に引き続きみそじん『ドアを開ければいつも』お座敷ロングラン公演(春バージョンを新たに書き下ろし 演出:青山勝)
  • 即興詩と音楽のライブ『詩人とピアニストの部屋』開催。(出演:阿藤智恵 山口三重子 沢田冬樹 三浦千枝)
  • 大阪府教育センター附属高校 2015年度国語表現授業にて〈えんげき〉のじゆうじかん。
  • 演劇誌『テアトロ』2016年4月号に戯曲『森でおはなし』掲載。
  • 即興詩人とシンガーソングライターのライブ『詩人と森の歌の部屋(焚き火付き)』開催(出演:阿藤智恵 証 三浦千枝)
  • 引き続きJAZZ&お話ライブを開催(第9回=4月3日 第10回=9月25日 出演:阿藤智恵 早川トリオ)
  • ゆっくり小学校 春の遠足に参加した感想文がゆっくりwebに掲載。
  • 東京都稲城市の里山「南山 一の森」にて『森でおはなし(げき)』南山バージョンを上演(いなぎ森フェス2016関連イベント「森カフェコンサート&森のガイドツアー」出演:三浦千枝 証)
  • 石井ゆかり『選んだ理由。』(ミシマ社)にインタビューが掲載。
  • おかやま演劇サロン主催“第15回えんげきサロン”にて「ちえよむ会」。
  • 新田恵ソプラノリサイタル「なにか大切なこと」に即興詩人として出演。(川口総合文化センター・リリア 音楽ホール 共演:新田恵・石川寛子・猪間道明・長沼真美・大谷亮介)
  • 演劇誌『テアトロ』2016年9月号にエッセイ『心の中のあなたへ』掲載。
  • 大阪府教育センター附属高校 2016年度国語表現授業、ならびにルポン(Le pont)にて〈えんげき〉のじゆうじかん。
  • 多摩美の森の展覧会に参加。「森でおはなし(もじ)」ほか展示。絵本シアター「森でおはなし」上演(出演 ゆうきちゃん・三浦千枝・Naoko♪・阿藤智恵)
  • 絵と詩の作品展『詩人と画家の部屋』(11月1日~12月6日 ムビリンゴ 渡辺菊乃・阿藤智恵)。
  • 千葉県立検見川高校演劇同好会により、『曼珠沙華』4回目の上演。(指導:小宮正登)
  • ミニコンサート『詩人と音楽家たちの部屋』
  • 武蔵国分寺公園「公園ピクニック」に絵本シアター「森でおはなし」で参加(出演 ゆうきちゃん・上野アサ・Naoko♪・阿藤智恵)
  • ちゅうりん庵にて絵本シアター「森でおはなし」上演(出演 ゆうきちゃん・上野アサ・三浦千枝・Naoko♪・阿藤智恵)
  • 劇団ひびきにより『恋とグァテマラ~後藤珈琲店物語~』4回目の上演(演出:鶴川直子)

2015年

  • 演劇誌『テアトロ』2015年2月号900号記念エッセイ特集に『詩人として生きるには』を執筆。
  • 朝日カルチャーセンター新宿教室にてライター石井ゆかりさんと特別講座「『運命』を考える - 神話、演劇、星」
  • 座・高円寺1にて『詩人の家』を上演。
  • カモミール社より第2戯曲集『詩人の家』を上梓。
  • 読書会「まどいの会」に戯曲集『詩人の家』が取り上げられる。
  • 引き続きお話&JAZZライブを開催。(第7回=4月12日 第8回=9月27日 出演:阿藤智恵 早川トリオ)
  • みそじんにより『ドアを開ければいつも』お座敷ロングラン上演始まる(4月より2016年3月まで、毎月3~4日間 梅雨・夏・秋の3バージョンを新たに書き下ろし 演出:青山勝)
  • 大阪 万博公園にて〈えんげき〉のじゆうじかん。
  • 高知県立春野高校演劇部により『しあわせな男』5回目の上演(高知県高等学校演劇祭公演)。
  • 鈴木太郎個人誌『太郎の部屋』No.33 ″詩人の椅子″のページに詩3篇『春の光』『融合』『逆に』掲載。
  • メメントC公演『太平洋食堂』パンフレットにエッセイ『通りすがりの教え子として~西村伊作先生のこと~』を執筆。
  • 高知県立春野高校にて〈えんげき〉のじゆうじかん。
  • 演劇雑誌『テアトロ』 2015年8月号「旅する演劇」特集に、エッセイ 『どこかで、だれかと、えんげきを』を執筆。
  • 劇団がらんどうにより、『しあわせな男』ドラマリーディングとして6回目の上演。
  • みそじん公演『ドアを開ければいつも』土肥劇場お座敷公演。
  • 多摩美の森の展覧会に参加。昨年に引き続き「森でおはなし(もじ)」、新たに〈えんげき〉のじゆうじかんとして「森でおはなし(げき)」上演(11月21日 森展・ArtParty参加 出演:三浦千枝)。
  • ゆみねこ企画により『中二階な人々』7回目の上演(演出:秋葉由美子)。
  • 劇団潮流により『中二階な人々』8回目の上演。(演出:藤本栄治)
  • 演劇雑誌『テアトロ』2016年1月号「《表現者》としての苦悩と喜び」特集に、エッセイ 『私の〈えんげき〉見つけました』を執筆。

2014年

  • 昨年に引き続きお話&JAZZライブを開催。(第3回=1月19日 第4回=4月13日 出演:阿藤智恵 早川トリオ)
  • 宮城学院女子大学にて『十六夜の月』リーディング上演(指導:間瀬幸江)
  • 〈えんげき〉のじゆうじかん「小さなお芝居の会」を開催。太宰治『燈籠』『待つ』阿藤智恵『曼珠沙華』(出演:三浦千枝 小野文子)川崎・盛岡・東京にて。
  • 演劇誌『テアトロ』2013年5月号にエッセイ『<えんげき>のじゆうじかんの試み』を執筆。
  • お話&JAZZライブ2年目に突入。(第5回=7月5日 第6回=10月11日 出演:阿藤智恵 Three Layers)
  • 演劇雑誌『テアトロ』2014年9月号にエッセイ「懐かしい人への手紙」を執筆。
  • 佐賀・てあとろこじーらにより『恋とグァテマラ』3回目の上演(演出:辻恵子)
  • 神奈川学園高校演劇部により『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』オリジナル台本にて上演。(神奈川学園文化祭、神奈川県高等学校演劇発表会横浜大会、横浜中央大会、神奈川県大会)
  • みそじんお座敷公演により『ドアを開ければいつも~FOUR SISTERS~』10月と12月の2回上演(演出:青山勝)
  • 厚木市民文化祭、早川トリオのステージに参加、「文化の日」のお題で、お話一篇執筆。
  • 哲学っぽい集まり「わからん堂」を発足。
  • 大阪にて初めての「ちえよむ会」
  • 多摩美の森の展覧会に「森のお話」を出品。
  • webマガジン ミシマガジンにてライター石井ゆかりさんの闇鍋インタビュー(脱線編)を受ける。

2013年

  • 高知県立春野高校演劇部により『しあわせな男』4回目の上演(高知県高等学校演劇祭公演)。
  • 読書会「まどいの会」に戯曲集『十六夜の月』が取り上げられる。
  • お話&JAZZライブを開催。(第1回=7月6日 第2回=10月27日 出演:阿藤智恵 早川トリオ)
  • 演劇誌『テアトロ』2013年9月号「特集 わたしの“劇"的親友」を執筆。
  • 多摩美の森の展覧会に「小人の洗濯物」を出品。
  • 2013年12月より阿藤智恵と一緒に遊ぶ会「〈えんげき〉のじゆうじかん」を始める。

2012年

  • 劇団群青ロンドにより『中二階な人々』3回目の上演(演出;雛菊鹿美)。
  • 早稲田大学演劇映像演習7 番外企画公演にて『曼珠沙華』2回目の上演(演出;天野 峻)。
  • 劇団大河に『ささくれリア王【大河版】』書き下ろし(演出;澤田京子)。
  • 劇団THE FOU 風により『しあわせな男』3回目の上演(演出;猪俣哲夫)。
  • Pカンパニー公演に『どこまでも続く空のむこうに』書き下ろし(演出;小笠原響)。
  • 劇団めざましどけいにより『中二階な人々』4回目の上演。
  • 劇団THE FOU 風 特別公演『しあわせな男』「作家によるトーク」出演(演出;猪俣哲夫)。
  • 山形県立米沢東高校演劇部により『中二階な人々』5回目の上演。
  • 加藤健一事務所公演『シュペリオール・ドーナツ』翻訳。(作;トレーシー・レッツ 演出;大杉祐)。
  • 2012年9月より阿藤智恵と一緒に阿藤智恵を読む会「ちえよむ会」を始める。
  • 奈良女子大学劇団いちご大福により『中二階な人々』6回目の上演(演出;左くるぶし)。
  • 2012年11月より阿藤智恵作品『どこまでも続く空のむこうに』を読んで演劇と人生と世界を考える「どこそら会」を始める。
  • 加藤健一事務所公演『シュペリオール・ドーナツ』にて第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞。
  • カモミール社より初の戯曲集『十六夜の月』を上梓。

2011年

  • 鈴木太郎個人誌「太郎の部屋」にエッセイ『4月10日のあなたへ』掲載。
  • Pカンパニー番外公演『バス停のある風景~コント編~』にコント2編『37分のバスは……』『バスを降りたら電話して』を書き下ろし。
  • 拓殖大学第一高等学校演劇部「春の高校演劇スペシャル」公演に『十六夜の月』を書き下ろし。
  • 「突き抜け派」同人誌『突き抜け3』に小説『ツヅキ2011』で参加。
  • 演劇誌『テアトロ』2011年9月号よりエッセイ「阿藤智恵の本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~』を連載。
  • Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」に『曼珠沙華』を書き下ろし(演出;冨士川正美)。
  • 「突き抜け派」同人誌『突き抜け4』に小説『マチゾウ』で参加。

2010年

  • Pカンパニー第三回公演に『バス停のカモメ』を書き下ろし(演出;冨士川正美)。
  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 卒業公演に『さよなら、私の「桜の園」』を書き下ろし、演出。
  • 劇団ワンツーワークス『眠れる森の死体』アフタートークに出演。
  • ただ、独り舞台第一回公演に『いつも、ひとりで』を書き下ろし、演出。

2009年

  • 演劇集団:森組により『しあわせな男』二回目の上演(演出・森昌之)。
  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 卒業公演を監修。
  • 加藤健一事務所公演『川を越えて、森を抜けて』パンフレットにて演出家・高瀬久男氏へのインタビュー。
  • 椿組4月ザ・スズナリ公演に『ささくれリア王』を書き下ろし、演出。
  • Pカンパニー公演に『死んだ女』を改訂、演出。
  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻「最後の夏の公演」に『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン2009』を演出。
  • 劇団ひびきにより『死んだ女』三回目の上演(演出・鶴川直子)。
  • 夏/秋の2回「戯曲へのアプローチ」ワークショップを行う(主催・RE3)。

2008年

  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 卒業公演に歌入り芝居『ドリップ・ドロップ・ドリップ』を書き下ろし、演出。
  • 加藤健一事務所公演『思い出のすきまに』パンフレットにて演出家・鵜山仁さんへのインタビュー。
  • 加藤健一事務所公演『レンド・ミー・ア・テナー』パンフレットにて翻訳家・小田島雄志・若子ご夫妻へのインタビュー。
  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 夏公演『花』企画原案・監修。
  • Pカンパニーオープニング記念公演に『しあわせな男』を書き下ろし、演出。

2007年

  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 卒業公演に『ボクとアネキとパパとママ』を書き下ろし、演出。
  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 夏の公演『オムニバス』を構成・演出。
  • 加藤健一事務所公演『コミック・ポテンシャル』パンフレットにて演出家・加藤健一さんへのインタビュー。

2006年

  • 劇団TYPESにより『恋とグァテマラ~後藤珈琲店物語~』2回目の上演(演出;朴芳一)。
  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 卒業公演に『稽古場へようこそ!~次回公演「三人姉妹」は間もなく初日です~』を書き下ろし、演出。
  • Happy Hunting Groundに『死んだ女』を書き下ろし。『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』との二本立てにより上演。
  • 学校法人文化学院 創造表現科演劇専攻 夏の公演にオムニバス作品『A・B・C』を書き下ろし、演出。

2005年

  • 椿組新春公演に『恋とグァテマラ~後藤珈琲店物語~』を書き下ろし、演出。
  • 劇団ひびきにより『中二階な人々』2回目の上演(演出:居郷毅)。
  • 川田正子と森の木児童合唱団演奏会 第三部・森の木レビュー『We Love Richard!』の脚本・演出を担当。
  • 椿組公演『公園で…待ちながら』に短篇「おにぎりとポテトチップス」を提供。構成協力として参加。

2004年

  • 文学座により『中二階な人々』上演(演出:高瀬久男)。
  • 川田正子と森の木児童合唱団 創立25周年記念演奏会 第三部・森の木レビュー『シネマ! ダンス! ミュージック!』の脚本・演出を担当。

2003年

  • 小説『空と丘の間で』、世田谷文学賞二席に入選(「文芸せたがや22号」に掲載)
  • 『中二階な人々』により平成14年度文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を受賞。
  • 劇団一跡二跳により『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』上演(演出:古城十忍)。
  • からから工場により『ドアを開けるといつも~FOUR SISTERS~』(阿藤誕生以前の作品)上演(演出:悠希)。

2002年

  • 『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』により平成13年度文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作を受賞。
  • player’s market公演に『MATERNITY FRATERNITY』を書き下ろし(演出:伊藤由美子)。

2001年

  • 12月、文化庁舞台芸術創作奨励賞への応募にあたり、母に命名される。阿藤智恵、誕生。