阿藤智恵のサイト


低気圧メランコロジー友の会

友の会のご案内

低気圧がやってくるたびに、どんよりします。
梅雨時はもちろんつらいし、
春雨、秋雨、氷雨もだめです。
何をする気もいたしません。

あたくし阿藤智恵は、考えました。

低気圧が来ると、気分が沈んで
何をする気もしなくなるというのは
おそらく人間一般の、症状であります。
あたくしだけではないはずです。

友人で、まったく正反対に
どんよりとした厚い雲から
雨がしとしと降るような日が最高!
なんていう人もいますけど
彼女のような人ばかりじゃないはず!

いろんな方々に、たずねてみました。

すると、多くの人たちから、いろんな症状がよせられました。
・やる気が出ない。起きられない。家事が滞る。
・頭痛。肩こり。吐き気。目のかすみ。食欲減退。
・いらいら。しょんぼり。むしゃくしゃ。めそめそ。

あたくしの症状なんか、軽いものでした!

「低気圧メランコロジー友の会(注・参照)」つくりました。

全世界の、低気圧メランコロジーのみなさま、手を取り合いましょう。
メランコロジーは、あなただけではありません。
どんよりと重い空の下、身体や心が重くなってきたら、
さっさとお布団やこたつにもぐりこみ
あるいは、ソファや床の上にねそべって、
世界中の友とのつながりに思いをはせ、
のっそりと、「活動中……」を宣言しましょう。
あなたは、食器洗いをサボっているのではありません。
掃除を怠けているのではありません。
世界中の友と一緒に「友の会活動」に励んでいるのです。
わたしも症状あるなぁ…と思われる方、
あるいは、症状はないけど、友の会活動に参加してみたい方、
ぜひ、「?」欄よりメールにてご登録ください。

注 「メランコロジー」とは:
チェーホフの造語(神西清・訳)。
有名な戯曲『三人姉妹』の中で、次女マーシャがいう次のセリフより。
「今日わたし、メランコロジーで、くさくさするの」
神西氏による訳注「ゆううつ症(メランホーリヤ)を、わざわざ
メルレフリュンジヤと、でたらめな外来語めかした言葉で
言っている」(新潮文庫)