阿藤智恵のサイト


ライブ活動

ただいま休業中!

2013年から2016年まで、阿藤智恵は「JAZZ&お話ライブ」を10回やりました。

 

これは、お客様にいただいたお題で、JAZZトリオが1曲演奏する間に、舞台上にいる阿藤智恵がパソコンで何か、お話のようなものを書き、曲の終わりで舞台中央のプリンタからかたかた……と紙が出てきたのを、誰かが読み上げる、という形式のライブです。

 

曲は、スタンダードナンバーを、いただいたお題のイメージで演奏することもあれば、手持ちのナンバーの中にぴったりの曲がなければ、完全即興での演奏となることもたびたびありました。

 

お話の方も、詩のようなものであったり、掌編小説のようなものであったり、さまざまでした。

アットホームな会場で、音楽とお話を楽しんでいただいた後は、メンバー交えてちょっとしたお茶会をしました。

 

 

2016年から2018年にかけては、即興詩のライブ「詩人の部屋」をいくつか開催しました。

 

「お話ライブ」と同じ形式で、お題をいただき、演奏の間に書き、読み上げるということをしたり、ソプラノ歌手新田恵さんのリサイタルに招かれ、大舞台のパイプオルガンの下で、公演中ずっと詩を書く、というようなおそろしいこともしました。

 

 

2019年6月現在、阿藤智恵の即興創作ライブ活動はすっかりお休みになっています。

 

 

思えばすべては2015年の演劇作品「詩人の家」が原因でした。お客様にいただいたお題で、舞台上で詩作をするという、へんなお芝居でした。

 

単なる思い付きで始めた「お話ライブ」は、今から思えばそのための修業でした。加えて、詩作そのものの訓練を1年ほど重ねて、『詩人の家』公演を行うことができました。

 

お題をいただいて、その場で創作する……この離れ業を一時的に身につけたその勢いで、そのあともしばらくのあいだ、即興創作ライブを続けてしまったというのが、今おもえばことの真相のようです。

 

こうして、お休みしてみると、「あんなことはやるもんじゃない」という気分なのです。いやあ、もう、やりたくないです。やれそうにないです。

 

 

お話や詩のライブ、練習のためのお題も含めれば、本当にたくさんの方のお題に育てていただきました。感謝しかありません。そして、阿藤智恵の無謀な試みに才能を貸してくださったアーティスト・パフォーマーのみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

舞台上での即興創作じゃなく、パフォーマーに演じていただく、ちゃんと前もってリハーサルして開催するライブは、またやりたいなーって思っています。あれは、良いものです。また、やれたらいいなぁ。

 

阿藤智恵のライブ活動にかんする、現時点での赤裸々なまとめでした。

 

参考資料:JAZZ&お話ライブ なくぞのかずきさんのレポート

参考資料:詩人の部屋の記録

智恵

 

2019年6月11日 阿藤智恵