阿藤智恵のサイト


JAZZ&お話ライブ

Jazz & お話ライブって、どんなライブ?

「お話ライブ」を観て

なくぞのかずき

 客席からお題をもらって、その場で創作するというのは、例えば落語の三題噺がそうだし、器用に鋏を走らせてお題を形にする、紙切りという芸も思い浮かぶ。よくは知らないが、きっと外国にもこういうリクエスト型の芸は伝統的にあるのかもしれない。すでにパッケージとしてできあがったものを披露するより、アクシデント的な要素があるというか、何がでてくるかわからない楽しみがある。舞台と客席のあいだにある垣根を低くする形式ともいえると思う。

 

阿藤さんの「お話ライブ」なるイベントも、阿藤さん自身「お話芸人」と自称しているから、一種の芸だと思いたいが、実際に舞台で生みだされる「お話」からイメージするのは、むしろ即興詩というジャンルである。詩に関心のある人間ではないので、あくまで勝手な解釈に過ぎないのだが、芸というのとはちょっと違う。

 

芸ならば、つくられた作品の出来にどよめいたり、感心したり、という反応が出てくるように思う。けれど阿藤さんの生みだす作品への反応は質がまるで異なる。味わう、といったらいいだろうか。受け取る人によって、色合いを変えるのである。手のひらで砂を掬い、そのさらさらや、ざらざらや、つぶつぶをたしかめるみたいに、ことば一つ一つに触れるのがここでの鑑賞のしかたとして最もしっくりする。

 

ライブで生まれた「お話」は後日、阿藤さんのサイトにアップされるらしい。けれどライブで体験するのと文字で読むのとでは、別のものに変わってしまう。

 

ジャズの生演奏があるという、それだけでも違いは大きいし、舞台上の作家がパソコンに向かいカタカタカタと真剣に執筆するという、滅多に見られない光景に出会えるのも楽しい。自分の出したお題が選ばれ、「お話」になるのを待つ数分のささやかな緊張感。まるで主役のように舞台中央に置かれたプリンターから、A4用紙が送りだされてくるときの、不思議な爽快さ。突然、朗読者として指名されたり、客席から楽器を手に飛び入り演奏する人がいたり──。

 

そうした諸々を含めて、一つの作品になっているのだ。部屋で一人、パソコンの画面にアップされた文字を追うのも、それはそれで充実するかもしれないが、即興でつくられた作品はやはりその場で受け取りたい。

 

このところ阿藤さんは、演劇公演のかたちについていろいろと試行錯誤しているらしい。演じる側と観る側の境界というものについて、可能性を探っているのである。「お話ライブ」は、作家自身の演じるお話芸人=即興詩人がジャズの生演奏を得て、客席を巻き込みつつ偶然に生みだされることばの連なりを遊ぶ、一種の演劇なのだと思う。

 

試みはまだまだつづく。

 

演劇云々については、よくわからない。ジャズについてもさっぱり素人である。それでも目の前で生演奏と生のことばをからだごと浴びる感じは悪くない。

 

またでかけてしまいそうです。

 (なくぞのかずき/文筆稼業)