阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第198回『ふわふわ』(JAZZ&お話ライブのお土産話3)

どういうわけだか知らないけれど、30年ぶりという “久しぶり” に再会し、何も話さず “小さな幸福” をわけあった二人……いったい彼らの関係は!? ドキドキしながら引いたお題は、これでした。

「ふわふわ」

ふわふわ?
い、い、意味が分からん……。
しかし、トリオの皆さんは迷いませんでしたね。曲はぱっと決まって「Water Fountain」。そのタイトルを聞いても肝心の二人の関係がわからず……しかし、曲は始まり、わたしのこの時の心境はといえば、もう、野となれ山となれ、起きたことを書いていくしかない。

音楽って、流れていきますよね。一瞬たりととどまっていることがない。時間そのものです。普段は全く、執筆の時に音楽を聞くということはないのですが、お話ライブではものすごく頼っています。というか、訓練を重ねて頼れるようになりました。音楽に明け渡す感じです。そしたらすぅーっと焦りが収まって、もう、いいやって気もちになりました。

お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『ふわふわ』

黙ったままで、女はコーヒーを飲み、ひとくちごとに、小さなため息をつき、まことは黙ったまま、ただそこに立っていて、心の中が、だんだんと、だんだんと静かになるのを感じている。なにも、必要なくて、なにも、疑いのない、ほんの、短いひととき。

女が、つと片手をあげて、空中に指先で曲線をえがきはじめた。

変わってないな、こんどはまことが、その言葉を口に出す代わりに、ぽつっと一言、答えを投げる。

「ふわふわ」
「あ、覚えてた?」
「今、思い出した」

それは、二〇代だった二人が時折、ぼんやりとした昼下がりなどにやる、小さなゲームだった。指先で描くものの名をを当てるというだけの、ルールともいえないそれは、友人たちの誰にも理解されなかったけれど、二人だけの会話だった。最初は、ネコ、とか、本、とか、具体的なものを描いていたけれど、そのうちに、二人の言葉はもっと自由な絵を描き始める。

「ふわふわ」をかたどった、彼女の指は、淡く淡く、広がって宙に向かっていって、
「消滅」
と、まことは言って、もう、この店に彼女が来ることはないんだな、と思う。そう思うことが、不思議に、愉快だった。

お題*三月うさ子
曲*Water Fountain
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

いやはや。

書いててさっぱりわからなかった。

でも、たぶん、彼女は「まこと」の、学生時代の恋人だったのかなあとは思いました。恋人ではなく、気の合う友だち、親友、だったかもしれません。

二人だけのゲームをするのはいいんだけど、わたしはそういうことってわかるけど、あ、これ、アン・タイラーの名作『アクシデンタル・ツーリスト』みたいだなって、すぐにわかりはしたけれど、こんな短時間でどうやってお客さんにわかるように書くのよ!とわたしは彼女に言いたかったです。

読み手を誰かにお願いするのも気が引けて、またしても自分で読んでから、これって「お話」にちゃんとなってるのかなあ……と心配になって客席の雰囲気をうかがってみたけど判断つかず、次に進もうとしてから、ちょっと待って、この「お話」って(これが「お話」になっているとしたらですけど)、どうも、ここまでで終わってるっぽくないですか? って気づいて一人で困って、誰にともなく声に出して聞いてみたけれど、客席の誰も、トリオの御三方も、お返事くれません。自分で質問して、そうですよね、そんなのわたしにきかれてもわかりませんよね、わたしが決めるんですよね……と動揺しまくり、ええい、この「お話」はこれでおしまい! 次のお題では、新しい「お話」を書きます! とやみくもに宣言。なんだかもう、破れかぶれのぐだぐだのスタートでした。ほんと、こんなところでなんですけれど、ごめんなさい、と言いたいです。

後になって、お題をくださった三月うさ子さんが「実体験に重なるお話でびっくりしました」と感想を聞かせてくださいました。

10代半ばの初恋のお相手を、ほのかに思い続けていた三月うさ子さん、20年後の再会で「あ、今、終わった」と感じる瞬間があったのだそうです。“久しぶり”と始まって、“小さな幸福”を重ね、やがて“ふわふわ”消滅した、「まこと」と「女」の物語、三月うさ子さんの心に不思議に響いて、そっと揺らすことができたようで、ひとまず、合格、だったかな。


智恵

2016年4月3日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」