阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第203回『毎年 京都の桜を見に行く義姉とけんか……』(JAZZ&お話ライブのお土産話8)

6Gの重力にもっていかれるままに、へんてこな「別世界」に行ってしまったあとで気づいたら、今書いたものは、今日3つめの「お話」の冒頭部分なのであって、どんなお題がきたら先が続けられるのやら、さっぱり見当もつかない状況に追い込まれていました。ここまでくるとかえって気楽というか、何か脳内が異次元に開きっぱなしというか、困ったなあという気もちは、はるかかなたにあるだけで、次のお題が出た時も、さして動揺はなくて、これも運命、任せていればお話の方でひとりでにできあがっていくだろう、みたいな肚の据わり具合になってました。

お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『毎年 京都の桜を見に行く義姉とけんか……』

光の扉が開くと、そこは、まばゆいばかりに輝く、輝きそのものの世界だった。なにもかもがここにはある。なにもかもがあって、とけて、とけて、渦を巻いて、熱と光と、すべての音が、混ざり合って、燃えて凍って、そうして一つの光になっていることが、わたしにはわかった。ああ、ここに、なにもかもがある。ここは、わたしじしんの中だ。

こんないい大人になって、家族とけんかをして、気まずくなって、毎年の愉しい旅ができなくなってしまったわたし。わたしの中の、寂しさと孤独と、それでも彼女をゆるせないかたくなさが、今、光の中に燃えて、もえあがって、わたしを、ああ、そうなんだ。今、わたしは、わたしを許している。なにもかもがひとつになる場所で、京都も、義姉も、春の風も、満開の桜も、そう、京都の雪も、北の海も、南の風も、なにもかもが今ここにあって、わたしは、わたしをゆるしている。

奇妙な確信とともに、わたしは輝きの中に身体を伸ばし、のびてのびて、どこまでも大きくなっていくと、それはわたしがわたしのなかに埋もれていくことで、そうしてわたしはひとつの種のようなものになって、わたし自身の中に落ちていった。京都も、家族も、春も、夏も、秋も冬も、雨も太陽も、雲も空も、あらゆる光がわたしじしんの中に落ちて、小さな小さな種になって、硬い硬い殻に包まれて、ああ、今わたしは、私自身の中に、落ちて、小さな芽を吹く。

風が吹いている。すべてが含まれた風が。ゆるされたわたしの額を、やさしくなでながら。

お題* うたちゃん
曲* キャラバン
読み手* 上野アサ

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

ははは。今、読み返して笑ってしまいました。よくもつなげたものだこと。

曲は、早川トリオの司令塔、ベース田中喜之さんのチョイス。「旅のイメージで」とおっしゃってましたが、決してのんきな旅ではなく、とても熱量の高い、灼熱の太陽を感じさせる一曲で、こんなお話になりました。

ひきつづき朗読を上野アサさんにお願いして、お題をくださったうたちゃんにご感想を伺ったら、「義姉と仲直りしようと思いました」。そうですとも。さくらといってもいろいろあって、これからまだまだ咲くんだし、どうぞ仲良くお花見にいらしてください!

楽しかったお話ライブもこのあたりでおひらき。脳内がひらきっぱなしでくたくたに疲れたわたしは、お話はこれまでと宣言し、でももう一曲何か、演奏してくださいとお願いして、最後に一曲、「On Fire」をがつんとやってもらいました。いつもにましてかっこいい演奏を堪能させてくれた早川トリオに拍手!春らんまんの日曜日の誘惑に打ち勝ち、わたしたちのライブにいらしてくださったお客様がたに、心からの感謝!

◆ おまけ ◆

いきなりの指名にこたえて、素晴らしい朗読でお話の世界をつくりだしてくださった上野アサさん、その日の夜に、twitterにこんなふうに書いてくださいました。ご紹介します。

即興で出来たお話を、お客様のまえで朗読させてもらった。緊張したけど、安心もしてて、読んでるうちに宇宙の真ん中ぐーるぐる。朗読って楽しいのなあ!いまさら! 姿のつかめないものが形になっていく様子が好きだなあ。形になってもまだワケわかんない、それも良い。 
https://twitter.com/nininene_Aalis/status/716527395746873344


智恵

2016年4月3日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」