阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第202回『別世界』(JAZZ&お話ライブのお土産話7)

さて、ひといきいれての第二部です。ひいたお題は「別世界」。トリオの皆さん、少し曲を探していたけどすぐにやめて、「フリーでいきます」とのこと。完全即興です。

完全即興というのは、書き手にとっては恐ろしいのです。スタンダードナンバーの演奏の場合、さまざまに即興の要素はありながらも、3人で演奏を始め、ピアノからひとりずつソロを回して、また3人の演奏に戻って終わる、というおおまかな構成は決まっています。書くことに没頭して、たとえ耳に意識がいかなくなっても、早川さんのドラムで引き戻してもらえます(そのように訓練しました!)。だけど完全即興の場合、そういう構成がありません。先が一切読めないのですから怖いです。音楽に身を任せてふわーっと書くという感じになれないのです。

でも「怖い」「恐ろしい」というのは、決して、「いやだ」「やりたくない」ではありません。どっちかといえば、「来たか!」とワクワクします。そうだよね、1曲くらいはやらなきゃね!

お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『別世界』

遠くの、とおくのほうから、呼ぶ声がして、気が付くと、わたしは別世界にいた。声は、つづいていた。わたしを呼んでいる。なぜそうわかるのか、わからない。なぜわたしだと思うんだろうと、そちらに向かいながら、疑っているわたしがいて、わたしは、それでも、迷っていない。なぜ迷わないのかと思いながら、そちらに向かっている。気が付くと、わたしは、歩いていない。歩いていないのに、そちらに近づいている。わたしを呼ぶ声の方へ。

光。光が、揺れて、きらめいて、ああ、そうか、扉が開こうとしている。扉だ。別世界の扉がひらいて、もうひとつ先へ、わたしは今、進んでいこうとしている。輝きの中へ。わたし自身も輝いている。

別世界。恐怖はあるだろうか。わたしは自分の心に問う。恐怖は、少なくともわたしが知っていた、顔なじみになって久しいあの懐かしい恐怖は、今、ない。恐怖を感じるより先に、声がわたしを引き付けて、ああ、思い出した。詩人が言っていたっけ、引力とは、愛です……あれを言っていたのは……小さな子どものための詩をたくさん遺していった、日本人の詩人だったっけ……。

別世界。わたし自身は、今ここにいるだろうか。ここにいて、この思いをめぐらせているのは、わたしだろうか。われ思う、ゆえに……と誰かが言ったっけ。わたしは思っている。思っているけれど、わたしは、今、ここに、いるんだろうか。

お題* シーバ
曲* フリー(即興)
読み手* 上野アサ

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

JAZZ&お話ライブをやるまで、早川トリオでは完全即興というのはやったことがなかったと話に伺っております。今もそうだとしたら、リハーサル・本番含め、わたしはこの三人の即興の演奏を、全部きいてるのかもしれないです。そんな私がひそかに思うに、この「別世界」という曲は早川トリオ史上に残る名演奏だったのではないかしら。これまでにも、「トリカブト」「鉛筆のけずり方」「灰吹堂」といった名曲はあったんだけれど、今回のこれは、別格でした。

「音楽に身を任せてふわーっと書くという感じになれない」と身構えて始まったはずが、あっという間にコントロール不能な世界にもっていかれました。重力6倍って感じでした。

読み手は、休憩時間中に、「読んでみたい」と手を挙げてくれていた上野アサさん。書き終えて彼女に目配せしようとしたら、うっとり音楽に没頭していて、合図ができません。曲が終わって目を開けたら、プリントアウトした紙が差し出されていてびっくりした彼女、それでも、普段、声のお仕事をされているだけあって、さすがプロというのでしょうか、すぐにマイクを持ってくれて……いやあ、素晴らしい朗読でした。

曲に導かれるままに書きながら、へんな方向にいっちゃってる気がしてました。「ああ、わけのわからないこと書いて、やばいよぅ」と頭の隅っこでジタバタしてはみても、なんせ6倍の重力ですもの、逆らえず、わけのわからないまま人任せにしちゃったんだけれど、お題と、お題からうまれた音楽と、音楽任せになってしまったお話と、素直で丁寧な朗読と……かなり良かったんじゃない?って、思っています。


智恵

2016年4月3日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」