阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第201回『山桜花』(JAZZ&お話ライブのお土産話6)

お題にみちびかれて、主人公みえこの意外な性格や、お友だちの姿が見えてきたところで、選ばれたお題はまさに春、花盛りを迎えた「山桜花」。

お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『山桜花(やまざくら)』

帰り道、秋穂ちゃんとさっちゃんとみえこは、裏山のほうに、回り道することにした。

「みえこちゃん、今日のジャンケン、わざと負けたでしょ」さっちゃんが、周りに誰もいなくなってから、内緒話のようにひそひそ声になって言う。

「うそだぁ」秋穂ちゃんが口をとがらせる。「わざと負けるなんか、やだ」

そう、秋穂ちゃんはほんとに負けず嫌いだし、まがったことが大嫌いな性格なんだ。竹を割ったような性格、というんだって、と前に誰かが言ってたっけ。

みえこは慌てて「わざとじゃないよぅ」と言ってみるけど、ちょっぴりいつもの勢いがない。

「だって、みえこちゃんキハクがなかったもん。ゴム跳びもいいなって、思ったんでしょ」
さっちゃんはみえこのことは何でもお見通しだから、ときどきいやーな気もちになることがある。今日は、わたしの柔らかな心が活躍しっぱなしだ。

黙って、みえこは足元の小石を蹴っ飛ばし、勢いよく駆けだして、二人ははじかれたように追いかけてくる。みえこは足が速いから、これはまずい話になったとき、いつだって有効な手立てなのだ。

夢中になって、小石を追いかけて3人は走り、警察署の角を曲がって点滅し始めた信号をつっきる。坂本さんちの脇から坂を上って、墓地の裏手を通って、そしたら、目の前が真っ白になった。

山桜だ。

昨日までは影みたいな色をしてたただの裏山に、今日は、真っ白に山桜が咲いている。みえこの心が、ほのかなほのかな紅を含んだまっしろにけぶって、春の風にふかれて舞い上がりそうだった。

お題*A.H
曲* Up Jumped Spring
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

寄り道をして、裏山にいって山桜を見ることになるのは、書き出しの時点でなんとなくわかっていたのですが、そこに至るまでの道筋はわかっていなくて必死でした。なんせ1曲のあいだに桜の見えるところまでたどり着かなくちゃいけない。「裏山に」と、漠然と言ってみても、桜花が裏山に咲いているのか、それとも山に登って見下ろした光景の中に見えるのかがわからなくて、でも、見えないと書けない。結局、「墓地の裏手」のみちが上りなのか下りなのか、それとも視界を遮る何かがあって、そのむこうに出たら見えるのか、最後までわからなかった。あいまいな道をたどっていたら、もう、ぱーっと山桜が見えたので。

それはともかく、今までどうしてもできなかった、ひとつ前、ふたつ前のお題のことを忘れずに織り込みながら、新しいお題で進んでいくことを、このお話の中で、とうとうやりとげて、最後の段落を書き上げたときには内心ガッツポーズが出てました。朗読が終わったときには、紙吹雪が舞散り、万雷の拍手がくる!くらいの期待感だったんだけど、実際のライブでは、そういう劇的な反応はありませんでした。トホホ。

さて、このお話でお名前を拝借した山口三重子さんの反応はといいますと、このお話の主人公「みえこ」が、まるで自分のことみたいだった、ほんとにあんな女の子だったんですよ、とおっしゃってました。クラスのリーダー的な性格、勝負強さ、なのに優柔不断なところ、足の速さ、貧血までもが、全くその通りということで、わたしのほうが驚いちゃいました。ただ唯一、まずい話になると逃げだす、というのだけはなかったそうで、確かに、今の三重子さんも、何が来ようとがしっと受けて立つところが、「番長」たるゆえんですものね。


智恵

2016年4月3日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」