阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第200回『びっくりする程ジャンケンが強い!けども!』(JAZZ&お話ライブのお土産話5)

お題をいただいて、JAZZトリオの演奏とともに即興で「お話」を書きつないでいくJAZZ&お話ライブの新しい試み。ふたつめのお話のスタートになった「柔らかな心」に続いて、さて、くじ引きで出たのは……。

お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『びっくりする程ジャンケンが強い!けども!』

貧血はいつものことだから、別にどうってことはない。1時間目は保健室で20分寝て、まじめだから起きたらすぐに教室に戻り、やさしい友達に囲まれて、病弱な自分を少し演じてみはしたけれど、2時間目のあとの長い休み時間はみえこはもう絶好調になってた。

わずかの時間に何をするか、子どもたちのエネルギーは毎日炸裂する。というか、みえこのクラスはそうなる。みえこがいるからだ。

グランドに出て、大縄跳びをするか、体育館の前で、ゴム跳びをするか、今、クラスの元気な女子の間はその二つが主な争いの元だ。

もちろん、それらは、ジャンケンで決める。

そして、みえこは、びっくりするほど、ジャンケンが強い! けども!

けども、である。

みえこは、優柔不断なんである。

今日のみえこは、最初大縄跳びチームに入って、ジャンケンに挑もうとしたが、ゴム跳びチームの選手であるところのあきほちゃんの闘志みなぎる目を見たら、あ、ゴム跳び、いいなって思ってしまったのである。今更、ゴム跳びチームに入れないから、みえこは、内心、あきほちゃんが勝てばいいと思う。心の揺れが勝負を決めるのがわかる。あ、これも、やわらかな、心だ。思う間もなく、その瞬間がやってくる!

ジャンケン! ポン!

お題* あざらしのべんちゃん
曲* Moment’s Notice
読み手* 三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今のジャンケンって「最初はグー」って言いますよね。お住まいの地域ではいかがですか? 全国的なことなのか、それともこのあたりの習慣でしょうか。わたしが初めてそれを言われたのはたぶん、大阪から東京に移って、養成所に入ったころじゃなかったか、なんで最初の手を指定するのか不思議で、いえ、不思議というよりムッとしました。みんながそうするんだから自分もそうしなくちゃいけないんだけれども、嫌だった、ワンクッションある感じが。それももう、四半世紀も前のことになろうとしています。

ジャンケンの掛け声で、迷いました。最初はグー、って書くかどうかで、時代設定が決まる! ま、書かなかったんですけれども。

今、これを書きながら思い出してみると、東京に来て、不承不承ながら長いものに巻かれる前までのわたしのジャンケンは、もっとゆったりしたテンポの、「ジャンケンで、ホイ」っていうのが普通だったかな? 戦闘的で素早い「インジャン、●●」ってのもあった。●●の部分が、「ホイ」だったか「ポン」だったか、それともほかの掛け声だったか、思い出せません。あ、もしかしたら、「インジャン、グー!」「インジャン、パー!」って自分の手を言うんだったかも。


智恵

2016年4月3日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」