阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第197回『小さな幸福』(JAZZ&お話ライブのお土産話2)

お題で書くシーンをちゃんとつなげて、ひとつのお話にできるかどうか、その分かれ目となる正念場、渾身の念を込めて引いていただいたお題は「小さな幸福」と出ました。「久しぶり」「小さな幸福」……うん、行けそうな気がする! ホッとして、からっと明るい前曲のイメージを反芻しつつキーボードにむかうわたしを襲ったのは、“番長”山口三重子さまの「久しぶりの再会の話だから、曲は『めぐりあい』で」という鶴の一声でした。

うぅ、そうきますか、番長!

『めぐりあい』というのはとてもゆったりとして、ロマンティックな、ええと、なんていうか、しみじみとした、深い喜び、人生の奥深い真実にそっと触れる、少し悲しみの混じったしあわせ、みたいな感じのする曲で、わたしは大好きなんです。大好きなんですけれども、でも、一つ目の話の流れからいうと、そっち方向に行きたくなかったんですね。いえ、わたしが行きたいとか行きたくないというよりも、そっちに行くようなキャラクターじゃなかったんです、この、二人の登場人物たちが。しかし、頭で何を考えていようと、音楽が奏でられたら最後、わたしたちはみんなしてその世界に取り込まれる以外にありません。

で、どうなったか。

ひとつめのお話『久しぶり』に続く、『小さな幸福』のお話……お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『小さな幸福(しあわせ)』

いつもの動き、というのが、これほどありがたいものだとは、まことはこの年になるまで知らなかった。思い出せば、思い出すほど、頭の中の動揺は大きくなり、それなのに、まことの両の手は頼もしい力強さで、コーヒーミルのスイッチを入れ、いつものように小さく、カウンターをたたきながら、湯温をはかっている。

女はのんきそうに、物珍しそうに、なつかしそうに、店の中を見回し、荷物を置いたテーブルに座ろうとしないで、ふらふらと歩いている。

「おい」
まことは、われしらず声を出す。
「ん?」
振り向いた顔が、30年前に戻る。
何か、聞こうと思ったのに。たぶん、聞こうと思ったはずなのに。
「なんでもないよ」
女は、小さく笑って、
「変わんないね」
と言ってから、やにわに大きな声でからからと笑って
「当たり前のことしか言えない。変わんないね、だってさ、あたし」
と、空を仰ぐようにして、小さな店の天井を見上げている。

元気か。元気に決まってるな。顔見りゃわかる。どうしてた。いや、そんな話、しなくていい。俺は、みた通りさ。そう、相変わらずだ。どういう風の吹き回しだ、こんな久しぶりに来るなんて。きかなくてもわかってる。久しぶりだから来たんだよな。何も、話すことなんかない。

自動人形のような自分の手が、淹れたてのコーヒーをトレイにのせる。香りを吸い込んだ女のかすかな声。
「ああ、しあわせ」

お題*白戸規之
曲* めぐりあい
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

トリオの奏でるしみじみとした音楽の、ブラックホール並みの吸引力と、あまのじゃくなキャラクターたちの頑固さの狭間で、綱渡りのごとく揺れる書き手……バランスをとるのに必死で、いまだに「女」が誰なのかがつかめません。わあ、もう、どうしたらいいの……!!! あなた、いったい、まこりんの何なのよ! いいかげん名乗ったらどうなの!?

先ほどよりも渾身の念を込めて……というより、もはやわらにすがる溺れる者もかくやというほどの息ぐるしい思いで引いていただいた次のお題はいったい!?

この続きはまた明日。


智恵

2016年4月3日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」