阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第189回『オズの魔法使い(第8回お話ライブのお土産話その8)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。
その8回目の、さいごのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『オズの魔法使い』

世の中、ちょっとした工夫のひとつで変わるものさ
もしもあなたが、毎日つまらないなら
魔法を一つ かけてごらん
あなたの好きな色の サングラスをほら
かけてみるだけさ
真っ赤な色ガラスなら ルビーの国に
緑のガラスはエメラルド
黄色いガラスなら 黄金の国!

簡単なことさ
子供だましでもいいのさ
世界がつまらないなら
あなたの工夫がひつようなだけさ

もしもあなたの魔法を見破る子供がいたら
その子は世界の救い主
すぐに手を取り 踊ればいいさ
サングラスを放り出し 走りだせばいいさ
だって あなたは もう一人じゃない
この世は パラダイス その子といれば
サングラスなんかいらない

あなたはもう 一人じゃない
つまらないなんて 思ってないはずさ。

お題*あっきー
曲* サンバ・デ・オルフェ
読み手*なくぞのかずき

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

お話ライブを始めたころは、黙ってお話を書くことだけしかできませんでした。1回目のライブには開演前のお飲み物サービスもなく茶話会もなく、曲の合間におしゃべりすることもなく、わたしの席にはマイクがなくて、山口三重子さんがマイクを回そうとしても、無言のままお断り。お話マシーンになって直進することしか、できなかったんです。おしゃべりどころか、自分が今何本目を書いているのかもわからないし、パソコン作業のだんどりもつかず、お話を保存し損ねて消えてしまったりもたびたび……。お客様は、どうしてこんなつらいことをやろうとするの? ストイックなアスリートのようですねと同情してくださいました。

それでも、私はじゅうぶんに楽しかったんですけれど。楽しかったから、今まで続けているのですけれど。

初めのころは曲も多すぎ、時間も長すぎ、さぞかしお客様も疲れるライブだったことでしょう。このごろはちゃんと時計を見ながら、おしゃべりも楽しみながらの2時間弱で、お話の数もほどほどに、ずいぶんゆったり過ごせるようになりました! もちろん、まだまだあたふたしている場面も多いとはいえ、以前を思い出すと別人のような自分がいて、初めて茶話会をしたとき、初めてお客様に読んでいただとき、初めて自分で読み手をつとめた時……もはや懐かしく、いい思い出になっています。嬉しくなります。

これからも、まだ書けると信じられる限り、つづけていきたいと思ってます。いつか、ほかの町にも行ってみたいです。はるばる遠くからいらしてくださって、この楽しいお題をくださったあっきーさんの住む町なんかにも、きっと……(夢は大きく語っとくのです)!


智恵

2015年9月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」