阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第188回『深呼吸(第8回お話ライブのお土産話その7)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。
その8回目の、ななつめのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『深呼吸』

どんなに こころを 閉ざしていてもいいよ
どんなに かくれていても いいよ
あなたは 生きている
生きているから 息をしている
息をしているから 生きている
あなたは どんなに どんなに
閉じようとしても 閉じこもろうとしても
いつも いつも 世界を あなたののどから
あなたの 中に 吸い込んで
あなたの いのちを 世界にはなって
世界と やりとりをして
世界の 一部になって
生きている
生きているから 息をしている
息をして 生きている
だから あなたは いつでも それでいい
何も
しなくて いいよ
ただ いきを ほら ゆっくり はいて
あなたは いま せかいに あなたを わたしました
ほら しらないうちに せかいが あなたに おかえしを
かえしてくるよ
はいたぶんだけ せかいが はいってくるよ
あなた は なにも しなくて いいよ
ただ あなたを せかいに わたせばいいよ

お題*福田豊
曲* water fountain
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

これは、最近、ある晩、布団に入って、なんだかわたし、息してるなあって思って、息してるって気づく前もしてたなあって思って、これから眠っても息するんだなあって思って、生まれてから今まで、息してなかった時なんかないんだなあって思って(高校の体育の授業で、潜水25mの試験を受けた時を除いては)、うわあ、47年以上休まず息しつづけてるのか、すごいな身体、こりゃ大変なことだぞって思って、眠りに落ちる前に考えたこと。

どんなに他者を拒んでも、どんなに世界にNOを言おうとしても、息しないで生きてる人はいないから、じぶんと、じぶんいがいは、いつもつながっちゃってる。どうにもなんない。息をしてる限り。いや待てよ、息してなかったら、たぶんもっとつながっちゃうだろう。一体になっちゃうんじゃないのかな? じぶんが死んでいなくなったら、じぶんは世界になっちゃうんじゃないのかな?

世の人は、つながろうつながろうとがんばってる人がやたら多いような感じがするけども、ほんとは、人は、いつも勝手につながってる。つながって生まれてきて、つながって死んでいく。つながりを断つ方がむつかしい。むつかしいっていうか、できっこない。

そしたら、どうなんだろう? つながろうなんて、がんばらなくても、いいんじゃないかな? むしろ、つながりを断とうとがんばるのを、あきらめたほうがいいんじゃないかな?


智恵

2015年9月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」