阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第187回『灰吹堂(駅前の薬局 江戸時代創業)(第8回お話ライブのお土産話その6)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。
その8回目の、むっつめのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
『灰吹堂(駅前の薬局 江戸時代創業)』

薬 くすり
ねつ のど あかんぼうの よなきに
薬は いらんかね
くすり~ よくきく薬だよ

灰吹堂のおやじは
いい声で 歌うように街を行く

灰吹堂のおやじの 売る薬は
ばあちゃんが 長屋の ちいさな 土間で
とんとんたたいたり ぱちぱち 炒ったりして
調合している 秘伝の薬だ
だから
よく
効きますよ

薬 くすり
ねつ のど じいちゃんの こしいたに
おかみさんの ちのみちに
薬 くすり
薬は いらんかね
くすり~ よくきく薬だよ

灰吹堂のおやじは
まさか じぶんの店が 百年もつづいて
マツキヨみたいになるとは しらない
ただ ただ
まじめに
ばあちゃんの 医術をしんじて
毎日 いい声をはりながら
街を 歩いている

お題*ウラノコウジ
曲* 即興
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

ほんとの名前は「灰吹屋」。駅前にはドラッグストア風の新店舗と、昔ながらの旧店舗があります。地元情報をあれこれいただきながら、客席を巻き込んだ(?)話し合いの結果、山口番長「即興で行きましょう」の鶴の一声。完全即興となりました。

ドラムの音が鳴り始めた瞬間、客席の空気が緩むのが分かりました。だって、江戸なんだもの。こののびやかな空気!わたしものんきに、書きはじめます。

面白かったこと、ひとつ。

薬を作るというと、石のローラーで、ごーりごり、という光景がほんとは浮かんだんだけれども、その道具の名前がわからなかったんです。で、そんなのいいや、自由に考えようと思ったら、頭の中でおばあちゃんが、ゴマ粒のようなものを炒りはじめ、と、思ったその瞬間、ドラマー早川さんがパチパチパチ、と軽やかな音。びっくり!気持ちいい!

書きながら、そのうち平成の世に移行するだろうな、となんとなく予測してたけど、最後までのんきでした。途中、あ、現代に移るかなと思ったところがあって、そこで言葉には「マツキヨ」が出てきてます。あのとき、ピアノは一瞬、そっちに向かいかけたんじゃないかなと思うんです。わきで楽しんでいた三浦千枝さんいわく「あそこは明治維新でしたね」。


智恵

2015年9月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」