阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第186回『おみなえし(第8回お話ライブのお土産話その5)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。
その8回目の、いつつめのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『おみなえし』

ほめられたと、思っていいのかな?
それとも けなされたのかしら
おみなえしみたいな人だねって言われて

あのね 気づいてた?
春の花は あっとうてきに 黄色が多いけれど
秋の花にはいろんな色があるんです
もちろん きいろは おみなえしだけじゃない
よく見るところでは セイタカアワダチソウなんか
とっても派手な黄色をしてる
でもね わたしがいいたいのは
秋の花は ほかの色でも よかったってこと
だけど おみなえしは きいろ

きいろだから なんだというの?
何でもない。

ほめられたと 思っていいのかしら
けなされたのかしら
わたし おみなえし みたいかしら
わたし おみなえし と言われて うれしいかしら
わたし おみなえし が 好きかしら

もしも わたしが 花に生まれるなら
おみなえしを えらぶかしら
秋の 涼しい風に 小さく 笑って 小さく みんな一緒に
笑って 笑って でも
さみしそうな 花

お題*三月うさ子
曲* 一つの予感
読み手*斎藤奈々江

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

おみなえし……女郎花とすぐに漢字は浮かんだけれど、花の姿はわからない……トリオの皆さんも、みんな、首をかしげてしまいまして、会場の皆さんに教えていただきました。ほんとは、知らない言葉が出たら、知らないなりに書いてみたいというようなことを思っていたのだけれど、その場になると、意地を張っても仕方がない、きいちゃえ!という気分になるんですよね。付け焼刃の「おみなえし」を書き終えて、大丈夫かなあ…こんなイメージで、うなずいていただけるかしら…と客席を見やったらば、演奏に聞き入る皆様の中に、あ、読み手にぴったりの人がいる!

一番後ろに座っていた彼女を手招きしたら、すぐに出てきてくれました。やったね、これでこのお話は完璧でしょう。初参加のお話ライブで、いきなり読み手に指名されるという状況にも物おじしない自然体で、けれどもとてもいい感じに緊張して、読んでくれました。

斎藤奈々江さんは、2005年の劇団ひびき(岡山)の『中二階な人々』に出演してくれて、その後少しして東京にやってきてプロの俳優になった、とてもかわいらしく、かつガッツのある女優です。彼女の人生に、阿藤智恵との出会いがどれくらい影響しているのか、ちゃんと聞いたことはないけれど、小さくはないのは確かでしょう。だからなおさら、今、演劇の世界で活躍している彼女がすごくうれしいんです。


智恵

2015年9月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」