阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第185回『秋のまんなかの月と星(第8回お話ライブのお土産話その4)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。
その8回目の、よっつめのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『秋のまんなかの月と星』

どうしてかしら
月も 星も 季節なんか ないはずなのに
どうして なのかしら
秋の 月は どうして こんなにきれいで
どうして 見上げると 涙が 出てしまうのかしら

秋のまんなかに なにか 悲しい思い出でも?

あの人にきかれて
わたしは おどろいた
そんなことは なにもない
ただ……

あの人を みあげて やはり 目頭があつくなって
わたしは きづく
そうなんだわ 月がきれいだから
月が きれいだからなんだ
偉い小説家の だれかが 言ったそうです
日本語には I love youはない
しいていえば 

月が きれいですね

そう訳すのが いいだろうと

隣で 空を見上げるあの人に
わたしは 小さな声で ささやいてみる

月が 月が とっても きれいですね

お題*S・T
曲* Fly Me to the Moon
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

当日が仲秋の名月だったので、月にまつわるお題は出ると思ってまして、そのときには、たぶんこの曲が来ると思ってまして、ライブ前日のリハーサルの帰り、ふんふーんと鼻唄を歌いながら、よく歌詞の意味を考えると、よく考えるまでもないのではありますが、かなり濃厚な歌なんですね。官能的と言いたいくらい。お話も即興ですから準備ができないとはいえ、前もって考えていってもそう書けるわけじゃないとはいえ、気づいちゃったもんだから、ふふふ、と思ってました。

繰り返し書いてますが、ピアニスト山口三重子さんは、そういうのが、苦手なんです。ロマンティックとか、官能的とか、恋のときめきとか、もう全般的に。だから音楽も絶対そういうふうにはならなくて、だからお話もこんな感じにしかならないんだけども、それでも、彼女に読んでもらってみました。ふふふ。思った以上に、あっさり読まれてしまいました。ご近所同士の立ち話のように、「きれいですねー」って。

ライブの帰り道もきれいな月が見えたけど、翌月曜日はさらに大きな大きな満月で、出のころを狙って犬の散歩に出かけ、坂の上から真っ赤な月をしばし眺めて帰り道、知らない人にすれ違いざま「月が!すごいですね!!!」と大きな声をかけられました。あそこからよく見えますよ、坂の下ならあのあたりから見えますよ、と情報交換して、うれしかった。家に帰って、ベランダから、もう青ざめてきた月を両親と一緒に見て、お月見団子を食べました。


智恵

2015年9月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」