阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第183回『沖縄基地(第8回お話ライブのお土産話その2)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その8回目の、ふたつめのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『沖縄基地』

本土の人は 沖縄の問題だと 思っているけれど
沖縄基地について 少しでも 勉強したら
それは 全然 沖縄の問題なんかじゃないことが わかる
沖縄の次に 米軍機が飛び交っているのは 東京 神奈川
首都圏の空
成田や 羽田に とびかう 飛行機が
なぜぐるぐる 大まわりするのか その理由は
住宅地を守るためじゃない 

厚木に 横田に 横須賀に
わたしたちの 首都は いざことがおきれば
すぐにかけつけてくる 米軍に囲まれ

知っていましたか
そんな国が ほかにあると 思いますか

沖縄は 夢の国じゃないし
元気な若者と
サンシンだけひいてるおじいと
やさしいおばあの島なんかじゃない
沖縄は 日本だ
沖縄が 日本の一部だというのじゃない
沖縄が 日本だ
そうして 沖縄は 世界だ

みてください 沖縄の海を
沖縄の空を
豊かな 豊かな 沖縄の島を
ちぎりとる フェンスを

お題*白戸則之
曲* イスラエル
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆    ◆  ◆

ときどき、お題の中に、いわゆる「政治的」なものが混じります。今も覚えているのは、初めてのライブで『デモ』というお題が出て、そのころは、まだまだ、デモについて、普段の会話の中で、構えずにおしゃべりすることができなかった。だけど、書きたくて、悩んだあげく、デモの話でもあり、そうではない話でもある話を、思いついて書きました(『デモ』はこちら)。『選挙』というお題が出た時は、いいアイデアが出なくて、ライブが終わった後「そうだよね、あの雰囲気で『選挙』は興ざめだよね」とお言葉いただいて、ホッとしたりもあったっけ。

でも、なんだか、空気は変わったなあと、いえ、もしかしたら、わたしが変わっただけなのかもしれないのですけれど、今回、まだ始まったばかりの2曲目にこのお題が引かれたとき、曲を選ぶトリオの皆さんも、それを見守るお客様方も、「やだ、そんな話、どうにかマイルドにしてほしい」みたいな空気が感じられなくて、ただまっすぐに時間が流れていて、曲の前のMCで適当なことを言いながら、精一杯の直球でいこうって決めてました。


智恵

2015年9月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」