阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第182回『秋の声(第8回お話ライブのお土産話その1)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その8回目の、ひとつめのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『秋の声』

秋は しずかに やってくる
森で いちばんに 秋を 教えてくれるのは
そらの色
今年も 夏は、空から 退却をはじめ
雲が 夏を運んで 雨になって 川を荒らし
森からは 鳥が 虫が きのこが 樹々が
秋を はこんで はこんで
栗のいがは はじけ
彼岸花は ちり
秋の声は 森に 満ちて
そうして 空へ かえっていく 秋の声に
やがて 踊りはじめる 枯れ葉
ころがる どんぐり
そうして 子どもたちの声
ボクも 夏を追いかけて 秋をおいかけて
しずかな 秋を 追いかけて 今日も
秋の声は 空から しずかに しずかに
いつのまにか 森じゅうをうめつくし
いつのまにか しずかなままで 世界に響き渡っている
ボクの体も しずかなままで
秋の声に 震えている

お題*須田和順
曲* 枯れ葉
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

たくさんのお客様に、飲み物をサービスするのに手間取って(手際が悪いんです、わたし)、バタバタしてたら開演時刻を少しまわってしまい、お題用紙もしっかりと集まりました。ライブを始めた最初のころは、お題を出されないお客様も多かったので、いただいたお題のほとんどを本番中に書ききることができたけど、このごろは全くそういうわけにいきません。ずらーっと広げて、くじ引きしていただいて、一曲目は、森の妖精(と、わたしが勝手に呼んでいる)須田さんのお題。

いつも、バタバタ直後の1本目はとてもむつかしい。座って落ち着く前に曲が始まってほんとはすっごく焦る気もちがあるんです。だから、今回はお題に助けられました。森のすぐそばに住んでる須田さんの、テクテク、ブラブラ、木々の間を歩く姿を想像しながら……。

森は、秋は大賑わい。トリオの演奏も、それはどうしてなのか、聞くのをわすれちゃったけど、『枯れ葉』という曲のさみしいイメージはどこへやら、エネルギッシュな1曲目になって、イメージがどんどんふくらみました。

お話は、ことばでは「しずかに」を繰り返しているけれど、その「しずけさ」の中の「賑やかさ」が、会場中に満ちていたのを、ここでお伝えできないのが、残念です。


智恵

2015年9月27日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」