阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第211回『雨ばっかり』(第10回JAZZ&お話ライブのお土産話その8)

パニックのあとのお題は、まさに今年の夏の終わりから、秋のはじめを一言でずばり言い表した「雨ばっかり」。

このお題で、すべてのお話を終わらせて閉じなくてはならないプレッシャーも、「沖縄の空」をクリアしたあとの脱力体には「どうとでもなれ」というようにしか感じられず、書きだしが、なんとも、ヒドイ。

お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『雨ばっかり』

てなわけで。

思い出話はこれくらいにしましょうね。

わたしね、雨は苦手です。

雨が苦手だったのです。

雨の日は、気分も憂鬱だし、身体も重いし、ろくなことがない。

でもね。

いつごろからだったかな。

気づいたの。

雨。

この家、古いでしょう。あっちこっち雨漏りして、もう、大変だったの。

でもね。

家は、喜んでいるなって、あるとき、思ったの。

自然の中から生まれてきた家は、石も、木も、この障子紙さえも、みんな自然に帰りたい。雨が降ると、いっぽいっぽ、あっちにむかっていくんですね。

わたしも、そうよ。

おじいちゃんはね、焼かれて、骨になって、お墓に入るのが嫌だと言ったの。

そのまま、焼かずに、土に埋めてくれ、そのまま土に帰りたいって。

でもそんなこと、できなかった。

今はね、その気持ちがわかる気がするの。

わたしも、もしもかなうなら、土にそのまま、帰りたい。

この家が雨のたびに、いっぽいっぽ、雨音のドラムを奏でながら、雨音のピアノを鳴らしながら、自然に帰る坂道を、楽し気に下っていくように、わたしも、こうして、雨の中を、おじいちゃんの待つ国へ、おばあちゃんの笑う国へ、父も母もいる家へ、大好きな友だちの何人も眠るまちへ、今、スキップして降りていくところなんだわ。ちっとも悲しくない。これが、生きてるってこと。

お題*クニタユカ
 曲* スペイン
 読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

てなわけで。

なんとか無事に、すべてのお話を閉じることができたこのお題。十八番の「スペイン」で盛り上がった早川トリオに、もう1曲、演奏をお願いして、脱力しきったわたしはパソコンを閉じました。

曲は、”Suite Sundeline”。

力のこもった演奏に、鳴りやまない拍手、お話ライブ始まって以来初のアンコールです。

さいごの曲は、”Not Yet”。

お話に気を使わなくていいと、トリオはこんなに自由なのね……!

こんな人たちと、10回もライブをやってしまったわたし……怖いもの知らずの自分に今さらあきれ、いまさら初めておじけづきかけたわたしを置いてきぼりにして、疾走する早川トリオ!

大拍手の中で、充実のライブはお開きとなったのでありました……

わたしはといえば……ホッとして、感謝いっぱい、嬉しさいっぱいになりながらも、はぁ……ほんとうに、ほんとうに、疲れた!

お話を書くって、たいへんな、こと、な、ん、だ、な、!


智恵

2016年9月25日 阿藤智恵&早川トリオ第10回JAZZ&お話ライブ