阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第209回『マロンパイ』(第10回JAZZ&お話ライブのお土産話その6)

休憩を挟んで、第2部の開始です。お客様と談笑しているトリオのお三方のところにお題用紙を持っていき、「そろそろ始めましょう」と引いてもらって、出たお題が「マロンパイ」。

トリオの合議の結果、曲が『ALICE IN WONDERLAND』と決まり、”わたしを食え”と命令口調の札のついた、食べると体が伸び縮みしちゃう不思議なパイのお話になるかと思ったら、演奏が始まった途端に出てきたのはこんなお話でした。

お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『マロンパイ』

あれから、何年経ったのでしょう。わたしは、祖父の田舎の、小さな町はずれの、小さな山のふもとの、小さなふるぼけた家に住んで、はじめのうちは、東京でつくった貯金を少しずつ少しずつ崩しながら、役場でアルバイトをしてみたり、お豆腐屋さんを手伝ったり。

それから、それから、いろんないろんなことがあって、今、こうして、ほら、今、焼けました。いい香り!

そう、今はこうして、焼き立てのパイを、小さなお店で、お出ししています。

今日のパイは、マロンパイ。

この山と、隣の山と、その向こうの山に、栗の木は全部で何本あるかな。

おとなりの山を持ってるタチバナさんと、その向こうの山を持ってるハギワラさんが、わたしに、栗の木をぜんぶ、まかせてくれます。

わたし、こう見えて、木登りはまだ十分、できるんですよ。

近所の子どもたちを集めて、栗の実拾いを手伝ってもらって、これは、この季節だけの、特別なパイ。

小さな木の実は、こうして、小さな町はずれの、小さな山のふもとの、小さなお店に、小さな大事な不思議を集めた、お店に育ちました。

お題*お菓子の精
曲* ALICE IN WONDERLAND
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

そうなんです。イントロを聞いた瞬間、最初のお話の主人公に戻っちゃったんです。このあいだ、森で拾った栗の実のことや、去年の秋、お菓子の精さんが作って森に届けてくださったとびっきりおいしいお菓子のことや……そういう全部が、最初のお話につながって。

栗を拾うと、まず栗ご飯にすることしか頭に浮かばないわたしなんですけれども、お菓子を焼く、というのもありなんだなあって、初めて思いました。

マロンパイって、どうやって作るんだろう……。


智恵

2016年9月25日 阿藤智恵&早川トリオ第10回JAZZ&お話ライブ