阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第208回『台風』(第10回JAZZ&お話ライブのお土産話その5)

勢いに任せて2つ目のお話をぴょんぴょん駆け回らせたあと、時間を見たら、そろそろ次が休憩前の1曲。東海シーガルのもう一方のナンバー「OFF THE WALL」をどうにかはめこめるお題が出ますように!

念力があたってお題は「台風」。

いや、もう念力が当たっているのかどうかは問題ではなくなっていて、こじつけでもなんでも、どうしても1部を東海シーガルの唄声でしめくくりたかった、というのもあるのだけれど……

「OFF THE WALL」という言葉の意味は、はじめ全然わかってませんでした。『不思議の国のアリス』にも出てくるマザーグースのハンプティ・ダンプティを連想して、壁の上からおっこちる歌かなって。けど、犬の散歩をしながらくちずさんでみたところ、「塀に座った sat on the wall」は出てくるけど、そのあと、転がり落ちるところは「had a great fall」で、あれ、ちょっと違う。

辞書で引いてみたらずいぶんと違った意味だった。「とっぴな」「変わった」「気が狂った」「怒った」……そこから「台風」って、こじつけとはいっても、そんなに離れてもいない、気がするんですけれど。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『台風』

樹の下の穴に入り込んだうさぎは、やがてくる嵐の音を聞く。それは正確には、音ではなくて、かすかな揺れのようなもの、びりびりと空気を伝わって、大きな樹の、無数の、無数の、何万枚もの葉をかすかに、かすかに、かすかに揺らす。雲の端とつながる大気が、無数のアンテナと化した葉っぱから、木の幹をつたい、大地とともに揺れ始める。それから、風が、どこからともなく、南の海を恋しがって、うなりはじめる。うさぎは、小さな穴の中で、秋の空のままでいる。うさぎの無数の、無数の、何万もの細い細い毛がびりびり震えて、やがて、黒雲から、電気を帯びた雨が! おちだした!

うなる風、たたきつける雨、世界の全体が、嵐になった。

うさぎは、秋の空のまま、眠る。びりびりと、震えながら。

秋が、うなっているんだ。うれしくて、南の海からまきあがって。空が、うなっているんだ。うれしくて。

お題*すずき
曲* OFF THE WALL
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今年は台風がたくさん来て、たくさん暴れましたね。ほんとうに。いつもお世話になっている北海道のホールコーンの缶詰が、工場の被災で、販売休止になっちゃった。地震に、台風に、竜巻に、噴火……被災地にいないと、少し日がたつと思いが薄れてしまうけれど、その地の方々は、まだまだ大変なのだろうなあ……そんなことも思いながら、第1部の終了です。


智恵

2016年9月25日 阿藤智恵&早川トリオ第10回JAZZ&お話ライブ