阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第207回『秋の空』(第10回JAZZ&お話ライブのお土産話その4)

3つのお題で、お話ひとつ完結したことにして、2つ目のお話を作りますよ!と、ひいてもらって、出てきたお題は「秋の空」。曲が「星に願いを」。頭に浮かんだのは夕焼け空の一番星。美しい空の下に、ぴょんといきなり、とび出しました。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『秋の空』

うさぎは、ぴょんとひとつ跳ねてから、夕焼けの空の下を、思いっきり思いっきり、思いっきり、駆けていった。

秋の夕焼けは、短い。

この気持ちのいい空気!

ひとつ、またひとつ、星がまたたきはじめるのも見ないで、うさぎは、ただ、ただ、駆ける。

秋の空!

うさぎにとって、もう、空と自分は、別々でない。

わたしが、空だ!

秋の風は、私の息。

秋の夕焼けは、わたしの両の眼。

わたしは、うさぎ! わたしは、空! わたしは、駆ける!

いきひとつ切らさず、うさぎは家に帰りつく。

目にもとまらぬ速さで穴に飛び込むうさぎ。

わたしは、秋だ! わたしは、うさぎ!

お題*のむら
曲* 星に願いを
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

たぶん、久しぶりのお日様が猛烈に嬉しかったので、こういうお話になったかな、と思います。モデルはおそらく、というか、もちろん、というか、まど・みちおさんのうさぎです。まどさんの詩の中で、2番目に好きな詩です、「うさぎ」。

のうさぎはわたし、ほんとは見たことないけれど、ちゅうりん庵の近所の駐車場で、冬の朝、雪に残る足跡を発見した人は、知ってます。


智恵

2016年9月25日 阿藤智恵&早川トリオ第10回JAZZ&お話ライブ