阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第205回『カフェ』(第10回JAZZ&お話ライブのお土産話その2)

森の中で、どんぐりと戯れた後、二つ目のお題は「カフェ」。森とカフェ、と言えば、ほとんどわたしの日常そのもの。このあたりは何もとっぴなことを考える必要もなく、普段のまんまにすんなりつながっていきそうです。お題を引いて、「Tea for Two」という曲も、すんなり、ベーシスト田中さんから出てきました。

さっそく、お読みください。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『カフェ』

駅前で彼女と別れて、私は街を歩く。いつもの街。長い雨があがって、少し蒸し暑いけれど、それでも、暑いことがむしろうれしいくらいに、雨が、降りすぎたよね。

お日様が大好き。だから、こんな日はやりたいことがいっぱい。朝から洗濯機を2回回して、いっぱいに干して、それから、森に出かけて行った。

お日様が出ないと、わたしはしょんぼりしてしまう。気もちの中まで暗くなる。毎日毎日、どんよりだった。それでも、さっき歩いた森では、あんなに毎日暗かったのに、どうしてだろう、木々もみどりも、ちっともしょんぼりなんかしていなかった。あんなに曇りばかりでも、草はちゃんと伸びるんですよね。彼女の声を思い出す。湿気の残る森では、きのこはむくむく頭をもたげ、どんぐりたちは踊りまわり、そして鳥たちは歌ってた。

いつものカフェで、私は大好きな香りを胸いっぱいに吸う。

私の中の小さな木の実が、ころん、ころんと揺れている。

小さな木の実を、わたしはこのまま、暗がりに転がしておくんだろうか、それとも。

穏やかなコーヒーの香りと、穏やかな街の風景。

大好きな街の、大好きなカフェで、私の心の中には、まだ森のにぎやかさが、つづいている。

お題*TOMORROW
曲* TEA FOR TWO
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

滑り出しは好調、といってよさそうな、すんなりとした二つ目ではないでしょうか?緊張もほとんどとけてきました。

このあとは、この主人公が何を心の中で、小さな声で、ひそやかに呟いているかを、3つ目のお題を聞いた瞬間に探り当て、素直にすんなり書けば、このお話はすんなり完結しそう。

ところが……の展開は、次のお題をお楽しみに!


智恵

2016年9月25日 阿藤智恵&早川トリオ第10回JAZZ&お話ライブ