阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第204回『木の実の独り言』(第10回JAZZ&お話ライブのお土産話その1)

9月25日(日)、長い長い雨がようやくあがって、久しぶりの青空が見えた一日でした。暑かった。

なにしろ雨ばかりの9月でした。「空ってこんな色だったんだ!」と驚嘆してしまうほど、久しぶりの晴れ間でした。そんなうれしい日曜日に記念すべき10回目を迎えたJAZZ&お話ライブ、楽しくなりそうな予感でいっぱいのスタートです。

JAZZ&お話ライブというのは、簡単に言いますと、
「お客様からお題をいただき、それにあわせて選んだ曲をJAZZトリオが演奏する間に阿藤智恵がキーボードを叩き、プリンターから吐き出された書きたてほやほやを、誰かが朗読する」
というもの。

お題は、裏向きにしてくじ引き方式で選びます。出たお題にイヤと言っちゃったら面白くありません。

何でも来いと自信をもっていえるほどにものしりではないワタクシ、苦手の言葉もあるし、完全に手も足も出ないジャンルというのもいくつか、いえ、わりとたくさんあって、くじ引きタイムはいつも、心の中でかみさまにおすがりしています。

お題の意味さえ分かればどうにかなるんですけど、きいたこともない、見当もつかない言葉となると……

いただいたお題はちらりとも見ないでくじ引きをしてもらうので、手の中にあるお題用紙のうち、どれくらいが書けるもので、どれくらいが歯が立たないものかもわからない。神頼みの時間は、もはや「どうにでもなれ」という心境でもあるのですが、今回のひとつめは、やれありがたや!手を合わせたくなるお題でした。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『木の実の独り言』

仲間がたくさんいるようで、誰も味方になってくれないような気がするときには、森にでかけていくんです。

その人は、静かなまなざしで、静かにこみちを歩きながら、それでも小さな変化を見逃さず、時折しゃがみこみ、時折まわりを見上げ、耳を澄ませ、遠くを見つめ、その間もずっと歩いている。

森にいると、いろんな声が聞こえてきて、いつも、耳を澄ませている間に、最後は小さな自分の声に気づくんですよね。
 ほらね、と彼女はまたしゃがみこみ、小さな木の実を拾った。もう、芽を出している。これは、大きくならないんですよ。
 私の心の中にも、小さな声がたくさん聞こえているのね。それでも、大きくなるのはその中のたった一つの声だったりする。
 だから、私は、森に来るんです。
 自分の、小さな声に、耳を澄ませるためにね。
 こうして、時には、小さな木の実を拾って、明るい場所に、移してやったりするんです。

静かな彼女の声がとぎれたとき、私は、私の心の中にも、小さな木の実が、小さな小さな声で、呟いていることに気づいた。

お題*多村淑子
曲* 枯れ葉
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

お題を聞いてすぐ、曲はすんなり決まって「枯れ葉」。

あとできいたら、トリオの皆さんは3人とも「どんぐりころころ」をイメージしていたとのこと。きっと、ころころ転がるかわいらしい演奏だったに違いありませんが、毎回、ライブの1曲目は緊張でがちがちになってしまう私は、曲の終わりを感知するのが精いっぱいで、あんまりそれは、わかんなかった。

実はこの段階で“お話芸人”阿藤智恵、かなりドギマギしています。お題を聞いて「やれありがたや!」となったとき、ばくぜんと浮かんでいたイメージと、のっけから全然違う展開になってしまったのです。

なにしろ前回からこのライブ、いくつかのお題で書いたものをつないでひとつのお話を作るという新しい芸に挑戦していまして、このお話に、次のお話を続けていくのです。

お話に出てくる「彼女」はお題をくださった多村さんだということはわかっていたんだけれども、「私」のことが全くわからない。それでも次のお題で、何が出ようと「私」のことを書かねばならない。プレッシャーに打ち震えつつ、第10回JAZZ&お話ライブは見た目ほがらかに、内心びくつきながら、楽しく開幕したのでありました!


智恵

2016年9月25日 阿藤智恵&早川トリオ第10回JAZZ&お話ライブ