阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第195回『ドアを開ければいつも』のこと(5)

いしまささんからのご質問です。

☆ご質問☆

ロングラン公演、毎月という訳にはいきませんでしたが、春夏秋冬、各バージョンを拝見させていただきました。実は一昨年の卒業公演と追加公演も拝見させていただきました。 ところで、ロングラン最終公演のとき、お父さんがかつて話した「あほ」→「本当に愛してる」というやり取り。今までの公演には無かったと記憶していますか、どのような経緯で追加されたのでしょうか? 素敵な言葉だなあと思いまして。

☆お答え☆

おっしゃるとおり、そのセリフは、春バージョンだけの登場です。 今までずっと誰にも話さなかった思いを打ち明けた真紀子がひとしきり泣いた後、ふっと緊張がほどけて、心に浮かんだ父の思い出を話しだすシーンで、オリジナルの冬バージョンでは、「お父さんの手袋」について語ります。 とても大切なシーンで、季節ごとの書き直し作業の中心になりました。

梅雨バージョンでは「お父さんの傘」
夏バージョンでは「風の道」
秋バージョンでは「朝のお布団」

ご覧になったほかのバージョンでも、そこでは別の季節にはないエピソードが語られていたのを、思い出していただけましたでしょうか?

いしまささん、ご質問をありがとうございました。「アホ」の落書きを読みかえてきかせてくれた父の思い出は、わたしの実体験です。お芝居の中では、このエピソードには季節感は感じられなかったことと思いますが、記憶では春のぽかぽか陽気の頃のことでした。姉たちと一緒でなく、父と二人だけで外出するなんてめったになかったことで、春の温かさとともに、なんとなく誇らしいというか、晴れがましいような気もちとともにある思い出です。印象に残していただけてとてもうれしいです。

さて、本日はもうひとつ、みそじんの大石ともこさんからもご質問をいただいています。

☆ご質問☆

私は敬子と裕美を演じていて、正反対の二人ですが、ああ、どちらの気持ちも、分かるなあと思うことが多かったのですが実はこの二人はお父さんに似た2人だと思っていました。 真紀子と千恵はお母さん似かなあ…なんて。 実際のところはどうなんでしょう??

☆お答え☆

裕美と敬子が父親似かどうか、わたしはよくわからないんですけれど、もしかしたらそうかもしれませんね。敬子は面白いことを言って家族を笑わせるタイプだろうと思いますし、裕美と父の関係には、どこか、似た者同士のぶつかり合いがあったのかもしれません。

裕美と敬子の話が出たので、そのことを少しお話させてくださいね。 大石さん、みそじんブログにも、その二人のことを「どうしてもソリが合わない」と書かれてましたよね。 もちろんそのように解釈していただいてまったくかまわないのですが、わたし自身は、そんなふうには、ぜんぜん思っていないんですよ。

真紀子のセリフにもあるように、裕美は人とべたべた関わるのが得意ではありません。なにか嫌なこと、トラブルのようなことがあると、ぱっと距離を置くほうです。決して冷淡だったり関心がないのではなく、とても敏感で、感受性が強いので、傷つけたり傷つけられたりすることに過敏になりやすく、耐えがたく感じてしまう性質なのだ、とわたしは思っています。微細な変化に気づきやすく、影響を受けやすい裕美にとって、生きることはとても大変なんです。

それでも裕美はとても愛情ぶかい性質ですし、ずっと自分の芸術を探していて、苦しみや迷いがあっても、誰に理解してもらえなくても決して諦めず、たえまない努力を続けています。

敬子は一見まったく別のタイプに見えるかもしれませんが、やはり愛情ぶかい頑張り屋で、真面目な努力家です。敬子は敬子で自分の理想を実現しようと、精一杯のことをやりながら、日々、必死に生きているんです。

裕美はそんな敬子が大好きで、とても尊敬し、よりかかってもいます。自分の芸術のことに口を出されても、夫婦関係にまで踏み込む小言を言われても逃げることなく、迷いも含めた率直な自分の思いを打ち明けるのは、相手が敬子だからこそなのです。 裕美は過敏で泣き虫で、追いかけると逃げてしまうタイプです。母亡きあと、裕美の生き方に何であれ口を出す人はおそらく敬子だけではなかったでしょうか。敬子は「下手なことを言うと裕美にシャットアウトされるかも」と恐れることがありませんし、裕美もやはり、敬子に何を言われても黙り込まず、部屋を出ていくこともない。実はそのこと自体が、裕美と敬子の強いつながりの現れなんじゃないか、と、わたしは思っているんです。

大石ともこさん、2年にわたる『ドアいつ』との深い深いお付き合い、本当にありがとうございました。俳優として伸び盛りの輝かしい一年を、わたしの作品とともに過ごしていただけたこと、信じがたいほどの光栄でした。『ドアを開ければいつも』を、こんなにもしあわせな作品にしてくださって、心から感謝です。2年間の積もるお話、今度ゆっくり聞かせてくださいね!

★この作品への、ご質問・ご感想をお待ちしています。


智恵

2016年3月29日 『ドアを開ければいつも』ロングラン公演終了記念