阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第194回『ドアを開ければいつも』のこと(4)

金子肇さんからのご質問です。

☆ご質問☆

次女の流産、が無く無事に産む事が出来ていたら・・・裏話でも何でもないですね 不快ならお答えしなくてもいいです、が何故質問をしてるのか僕自身の事の様に思えて 産む事が出来て母親は慰めになって幸せかもしれませんが子供は以外に・・・。僕の母はフィアンセがいたらしく交通事故で無くして、それを慰めたのが父親らしいです。(弟から聞いた話しです)・・・・・・自分でもわかっていますが、だから何??何を考えてるとよく怒られます。 気持ち悪かったら無視して下さい。

☆お答え☆

不快だなんてとんでもない、とても興味深いご質問をありがとうございます。

真紀子の赤ちゃんがあのとき、無事に生まれていたら……? 考えてみたこともなかったです。
さっそく考えようとしてみたけれど、「そりゃあさぞかし大変だっただろうなあ」ということしか、思いつきませんでした。

わたし自身の子どもの頃などを思い返してみますと、「もしもわたしが男の子だったら」「もしも別の国、別の時代にうまれていたら」というような空想を、友だちどうしで話題にすることがありましたけど、「もしも」を考えるのはすごく楽しくてわくわくするものの、「もしそうだったら今と全然違っただろうなあ」という考えの先にはまったく進めませんでした。

自分で書いた作品の登場人物であっても実は全く同じで、「もしもそうだったら、ぜんぜん違っていただろうなあ」で止まってしまいます。真紀子に限らずほかの作品、ほかの人物でも、たぶんそうだろうと思います。

げきに出てくる人物を書いたのは確かにわたしなのですが、その人の運命をあやつっている、とか、運命をわたしが考えて決めることができる、というような感じは持ったことがありません。頭の中に真紀子なら真紀子、という人物が現れて、さまざまの言動をするのを書き留めていくなかで、わたしも、あたかも実在の人物と付き合うように「この人はどんな人なのかな」「どんな体験をしてきたのかな」「何が大事で、今なにを感じているのかな」と知っていくような感じです。

☆ご質問☆

個人的ですが 天乃舞衣子さんの事をどの様に思われますか??? 趣旨と内容が違うと思いますが阿藤さんの率直な意見を聞けたら嬉しいです。

☆お答え☆

きれいな女優さんですよね。まじめで熱心で、笑顔が明るくて……うーん、残念ながら、それ以上に語れるほどには天乃さんのこと知らないのです。ロングラン公演の期間中、たまにお目にかかるチャンスがあっても、打ち合わせ以外のおしゃべりをする余裕なんか全くなかったし。これからゆっくりお近づきになれたらいいなあと楽しみにしています。

金子肇さん、ご質問をどうもありがとうございました!

もうひとつ、昨日、ご質問にお答えしたリーリーゴーさんから、ご質問が届いています。

☆ご質問☆

あっ、そう言えばもう1つ…。
『ドアを開ければいつも』の設定が1985年でした。この年になった理由というのはあるのでしょうか?

というのが、この年は大切な年でした…公演の前説にもありましたが、阪神タイガースが21年振りに優勝して初めて日本一になった年。大阪に住んでいた自分は友達の誕生日パーティーで大騒ぎしたのを覚えています。

それとも、みそじんの皆さんが産まれた頃(よそじん!?の自分が10才になった年)だから…だったりするのでしょうか?

これも、番外編質問に加えていただけるとうれしいです。

☆お答え☆

そうでしたね!21年ぶりの阪神優勝。よく覚えています。わたしは大阪の高校生でした。

でも、がっかりさせてごめんなさい、この年を舞台に設定したのは、青山勝さんの演出なのです。理由は伺っておりませんが、青山さんも、この年に思い入れがおありなのかもしれませんね。

もとの設定は、1993、4年あたりです。もちろん「JR」ということばもセリフに出てきていますよ。

リーリーゴーさん、番外編のご質問をありがとうございました。


智恵

2016年3月28日 『ドアを開ければいつも』ロングラン公演終了記念