阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第194回『ドアを開ければいつも』のこと (3)

リーリーゴーさんからいただいたご質問メールに、今日はお答えします。

☆ご質問☆

1年間のロングラン公演、阿藤様のサイトには「無謀ともいえる企画」と、当日のパンフレットにも「なんとか続けることができました」との記載がありました。でも、観ていた自分には、いくらでも続けてほしい、何度観ても何度でも笑えて、何度でも感動できて、何度でもポロポロ流れる涙が止まらない…いくらでも続ければいくらでも盛況でいられる、そんな公演だったんじゃないのかな…という印象でした。(観ている者にそういう印象を与えるくらいにみそじんの皆さんが一生懸命前向きな姿を見せてくださり、隠れた苦労が多かった…ということなのでしょうかね)

今回3回目の観劇では、いつも涙がどっとあふれる四女の「受験、受験って言ってる間にお母さん死んじゃったじゃない」のセリフ。もう、そのシーンが来ることがわかっているために、このセリフが出るよりも先に涙が出てしまう……となると、やっぱり観ている人の感動が薄れつつあって、そろそろおしまいしなければということになっていくのでしょうか。

ここから本題です。でも、ご質問を…と言われると、意外に思い浮かばないものですね。そんな中、振り絞っての質問です。

これは、今回の三女の浅野千鶴さんのブログにあったのですが、タイトルの「ドアを開ければいつも」。いつも…の後に続くものは何なのでしょう。いつものお家に、いつものメンツ、いつもの雰囲気…。やっぱりそういうことなのでしょうか。何か秘められたものがあれば知りたいです。

☆お答え☆

わたしは作品にタイトルをつけるのがとても苦手です。タイトルを先に思いつくときもありまして、そういうときはなぜか全く迷いがないのですが、この戯曲は何しろ「たたき台」のつもりだったから、当初は戯曲としてまとまったものを書くという意識すらなかったわけで、公演の企画がどんどん進行して、チラシを作るという段になって、タイトルどうする?と言われて途方に暮れてしまいました。いろんな案を出してはボツにされました。意味不明すぎて脚下になってよかったと思われる『おとうふ』なんていう題もあったなあ……。悩んで悩んで絞り出したこのタイトル、もとは『ドアを開ければいつも-FOUR SISTERS-』と副題がついていました。

「ドアを開ければいつも」のあとにつづく言葉は「ただいま」です。

☆ご質問☆

この物語に出てくる四女が千恵という名前ですね。これまで、天乃舞衣子さん、吉田芽吹さん、鈴木朝代さんという本当にかわいらしい四女を鶏由宇で拝見してきましたが、漢字は違いますが阿藤さんもちえさんですよね。実はこの登場人物に与えた「ちえ」という名前に何か思い入れがあったとしたら…ぜひお伺いしたいです。

☆お答え☆

そうなんですよね。ずっと気づいていませんでした。おととし、みそじんの初演を見て「あれ、チエだ!」と初めてびっくりしたのではなかったでしょうか。

この作品を書いたときにはわたしはまだ「阿藤智恵」ではなくて、千恵という名前は、この役を演じることになっていた女優のイメージでつけたんです。ふつう、姉妹は似たタイプの名前を付けるのに、「敬子」「真紀子」「裕美」「千恵」という名づけの仕方はバラバラで変わってるねとよく言われます。それは、わたしが、姉妹として統一感のある名前を付けるのではなく、演じ手のイメージで自由に命名したからこうなってるんです。実際に名付けた時のイメージキャストが全員、出演されたわけではないのですけれども。

実生活でも、知り合いであれ知らない人であれ、雰囲気を見て新しい名前や呼び方を命名するのが好きです。ニックネームも考えますし、ふつうの氏名みたいなのも、請われたらつけちゃいます。本名と全く違う名前を付けるのに、わりと「ああ、なんとなくわかる!」と言われることがよくあります。

☆ご質問☆

これまで、阿藤様ご自身はこの4姉妹の公演をご覧になられていたのでしょうか。もし、ご覧になられているとしたら、いろんな4姉妹があった中でいちばんご自身がイメージしていた4姉妹に近かったのはどの姉妹でしょうか。そして、長女、次女、三女、四女別にも、こんな女性を描いていて、それがこの女優さんにぴったりだったとか、こんなに違う印象で面白かったなんていうお話をお伺いしたいです。

☆お答え☆

はい、できるだけすべての組み合わせを見るように頑張りました。途中どうにもならなくて、見逃した回もあってほんとに残念です!

末っ子の千恵に関しては、最近太ってきたのを気にしてるという設定があって、初演の時など天乃さんにそれを言うのはツライ……カットしたほうがいいかしら……などと思ってました。鈴木朝代さんが登場した時、まさにイメージぴったりの愛らしいふっくら具合に感激して、みそじんの二人を激賞した記憶があります。

この件以外は、自分のイメージに近いかどうかというのはあまり関心がなくて、っていうか、自分のイメージというのが、あんまりないのかもしれません。イメージがあるのは「関係性」であって「キャラクター」ではないというか……(こんな説明で、少しでも伝わるといいのですがどうでしょう)。

だから、どのキャスティングがいいとか悪いとは全くなくて、毎回登場される、それぞれに魅力的な演じ手たちのありようをそれぞれに楽しみました。えんげきって、「みんな違って、みんないい」がすんなり実現できる装置だから、好きです。

 本当に楽しませていただいた今回の公演。その後日談が見られるなんて本当にうれしいです。楽しみにお待ちしております。

リーリーゴーさん、愛情あふれるおたよりを、まことにありがとうございました!

★この作品への、ご質問・ご感想をお待ちしています。


智恵

2016年3月27日 『ドアを開ければいつも』ロングラン公演終了記念