阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第176回『桜散れども春は何処(第7回お話ライブのお土産話その8)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その7回目の、さいごのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『桜散れども春は何処』

ひらり。
ひらりと
散る桜。

なぜ、雪が降ったのですか。
桜の季節
この国では、
みなが
のびのびと
胸いっぱいに息を吸い
ああ、冬はおわった、と
安どのため息を
つくはずの季節だったのです。
なぜ、
雪が降ったのですか?

冬将軍が
ことしは
長く ずいぶんと 長く
わたしたちの暮らしに
とどまっていましたね。

雪は、何が 言いたかったのですか?
四月の雪は?

春は、きている。
それでも、きています。
わたしたちの暮らしに。
春は、きています。

お題*白戸規之
曲* めぐりあい
読み手*なくぞのかずき

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

前回お話したようなわけで、音楽とお話が長くなる傾向にあった今回のJAZZ&お話ライブ、まだ八つ目ですのに、よいお時間となりました。最後のお話こそ、すぱっと書いて、音楽とともに終わります!と宣言して、曲の中で、お話を読んでいただくことができました。

なくぞのかずきさんは、今回のライブ、だれよりも早く予約をいれてくれ、そのときに、読み手をやりたい、と立候補してくれました。

『詩人の家』で、できたての詩を、さも自分が書いたように読み上げなくてはならなかった詩人役の俳優、林次樹さんを見て、やってみたいと思ったのだそうです。書き終えてホッとした、といかにもリラックスした風のお芝居をしながら、その実、それはそれは大変な集中力でもって、原稿用紙に目をやる林さんの全身にみなぎるエネルギーは、たしかに大したものでした。

お芝居と違って、ここでの読み手は、そんなに大そうなものじゃありません。会場は小さいし、マイクはあるし、音楽はあるし、なにより、自分が書いたふりなんかをしなくていいんですもの。ことに、曲が終わる前に、言葉に反応して流れをゆるやかに変えていく音楽の中でお話を読みあげるのはとても気もちがいいもので、体験してもらえてよかった。

そんな具合であっという間の2時間弱。今回も、とっても楽しかった。これからも、お付き合いくださる方がある限り、続けていきます。みなさま、ありがとうございました。


智恵

2015年4月12日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」