阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第175回『四月から新しい職場(第7回お話ライブのお土産話その7)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その7回目の、お土産話のななつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『四月から新しい職場』

春というのは、それでなくとも、わりに
心身への負担は大きい季節なのでして
そういうときに、新しいことは、あんまりはじめないほうがいい、と
最新の脳科学では、いうようですよ。
あれ?脳科学かな? わかりませんが、詳しいことは。
ともかく、そういう、のが、あるんですよね。
いらっしゃいますよね、春って、なんか調子悪いんだよねーっていう人。
よく、いますよ。
疲れやすい
なんとなく気分が沈む
かと思ったら、急にうきうきして
落ち着いてられなくなって
それでまたしても疲れちゃって。
気分だけじゃなくて、
気温のほうも、上下しますよね。
ぱっきりといかない。
朝と昼と、また夜とで、ものすごく気温が違ったり
朝は晴れてたのに、急に雨が降ったり
そういうのが、春はことのほか多い。
寝具の調節も難しい。
寒くて起きる、あるいは暑くて寝苦しい、
そんなことで、また不眠になる、
すると、朝起きても、体が重い、なんてこともね。
何が言いたいかというと、別に言いたいことはないんだけど
つまり、あれですね、要するに、
春って、疲れますよね。ぼくも、疲れてます。
疲れてるわりに、いっぱいしゃべっちゃって、
こういうのが、春です。
自然のリズムで、生きてるってことなんだろうな。
四月から、新しい職場です。

お題*せきみちお
曲* 枯れ葉 with せきみちお
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今年3月上演した『詩人の家』という作品で、わたしが、舞台上で、俳優たちの芝居のさいちゅうに、劇中の〈詩人〉の作品になる〈詩〉を書くという無謀な試みをしました。そのための訓練、1年2か月。原稿用紙に万年筆の手書きで、ひとさまに読んでいただける字で、15分に1本書く練習です。はじめはもちろん、全然できなかった。でも、やればできるんですね、最終的には、できるようになりました。
手書きでそれだけの速さで書くということは、キーボードでならどうなるかというと、もちろんずっと速いんです。

で、『詩人の家』の経験を経て再開したお話ライブ、お話芸人としてのわたしも、これまでよりずっと速くなってしまってました。

すると、どういうことがおきるか。いつもの半分くらいで、お話が書きあがってしまう。時間が余る。ぼけっとして演奏を見ている間に、何か思いついてしまったりする。で、お話に手を入れたりする。ちょうどそのころに、いつものひとまわりが終わって、ピアニスト山口さんが芸人の様子を見る。あ、まだ書きあがっていないらしいと判断する。演奏が伸びる。芸人のほうは芸人のほうで、あ、まだ終わらない、もう少し書き足すか、となる。

で、今回のライブ、演奏も、お話も、長くなる傾向になっちゃいました。

お題の主のせきみちおさんに、飛び入りで演奏もしてもらってのお話で、これをやっちゃったのですね、わたし。せきさんは、自分のお題が選ばれ、ドキッとしたところに、やや強引な指名をうけて緊張しながら舞台に上がり、そろそろ曲が終わる、と思いきや、どたんばで番長こと山口さんに「もう一回」と目配せされ、ずいぶん冷や汗をかいたもよう。新しい職場でのこれからを応援したかったのに、かえって申し訳ないことになりました……まあ、でも、そんなどたばたの全体が、もしかしたらお題に合っていたかもしれません(せきさん、ごめんなさい)。


智恵

2015年4月12日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」