阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第174回『祈る(第7回お話ライブのお土産話その6)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その7回目の、お土産話のむっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『祈る』

光に似ている。
祈りは、きっと、光だ。
そう。
祈る人が集まる場所には
光がおちているし
祈る人の心には
光がさしている。
それは、祈りが、光だからだ。
今、そう、思う。
だれも助けてくれなくても
だれもわかってくれなくても
だれも、気付いてさえ、くれなくても
どこに祈っているのかわからなくても
何を相手に祈っているのかわからなくても
神を信じている、とはいえなくても
わたしは、祈ることができる。
祈りは、光だ。
どんな暗闇でも
どんな苦しみの中でも
わたしは、きっと、祈ることができる。
そう信じていよう。
どんなに先が見えなくても
苦しみに終わりがないように思えても
わたしは、祈ることができる。
暗闇にさす光に、なることができる。
そう信じよう。
祈りは、きっと、光だ。

お題*山下耕
曲* HYMN
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

光、ということを、最近、ふたりの方から印象的に言われました。一人は、今年1月、『運命』について語りあった石井ゆかりさん。もう一人は、ここ、ちゅうりん庵の中林たまこさんです。

たまこさんは、『詩人の家』を見た感想を、こんなふうに話してくれました。

「わたし、あのお芝居、ぜーんぜん、わからなかったのよ。だけど、どうしてかしらね、最後のシーンになったら、泣けて泣けてしかたがなくて……。なんだか、光が見えたのよ」

光が見えたの、と、たまこさんは繰り返して言われました。不思議そうに、何度も。
わたしは、たぶんそれは、照明家中山奈美さんがそのシーンで客席にライトをあててたからじゃないかな……と言いそうになったけど、やめました。もしも、照明の効果が大いにあったとしても、あの作品に彼女が光を見たというのは、そういうことじゃない、いま、わたしが聞いているのは、たまこさんの中にある光の話だと思ったからです。

石井さんのことばは、こんなのです。

私から見ると、どうしても、阿藤さんはまぶしい感じがするんですよ、なんというか、すごく強い明るい光がさしてる感じがしますよ。

「褒められた」という感じはなく、何度読んでも、とても不思議な気がします。石井さんのこの感覚は、どういうことなんだろう? 石井さんが感じている光は、やはり、私のではなく、石井さんの中の何かのように思うんです。


智恵

2015年4月12日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」