阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第173回『カモミール・ティ(第7回お話ライブのお土産話その5)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その7回目の、お土産話のいつつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『カモミール・ティ』

カモミールは、午前中、明るい明るい日差しの下で
まんまるにはりきって、
わたしも、おひさま!
ぼくも、おひさま!
と、空に向かって、黄色をもりあげているのを
ひとつ、ひとつ、やさしく、指先でつまみとって
それから、
金色の花粉にまみれて
もこもこ、楽しげに遊んだり、昼寝している小さな虫たちに、
いっぴきのこらず、出て行ってもらって
それから、やさしく、やさしく、お茶にするのがよろしい。

金色のカモミール・ティは、
おひさまのお茶。
輝く、おひさまの明るさとあたたかさが
あなたののどを、すべっていく。

カモミール・ティは、
つめたい氷を溶かしてしまう
つめたい意地悪をけしてしまう
おひさまのお茶です。

疲れたあなたにも
かなしいあなたにも
そして、もちろん
げんきなあなたにも
かがやくあなたにも。

カモミール・ティは
やさしい、お茶です。
あなたのための、あなたにぴったりの
まほうのお茶です

お題*S・E
曲* Tea for Two
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

カモミールはハーブの中でもたぶん栽培は簡単なほうだから、育てた方は多いのではないかと思います。わたし自身は、自分が育てなくても、家族が育てているのを、毎年喜んで眺めています。もし、カモミール・ティがお好きでも、乾燥させたハーブティしか見たことがないとしたら、カモミールの花の、あのダイナミックな元気さは、想像もつかないでしょう。

カモミールの花は帽子みたいなかたちをしてる。白い花びらに囲まれたおしべのところが、まあるく盛り上がっているんです。はじめは、かなりつば広の、おしゃれな帽子です。それが、おひさまの光の中で、どんどん大きく、いよいよ真ん丸に、これでもかというほど大きく大きくふくらんで、黄色い花粉をいっぱいにつけるにしたがって、だんだん、帽子というよりも、黄金色のころころの、小さなおひさまみたいになります。

カモミール・ティが好きなあなたは、ぜひとも育てていただいて、ほんものの、輝くおひさまのお茶を飲んでみてほしいなあと思います。


智恵

2015年4月12日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」