阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第171回『旅(第7回お話ライブのお土産話その3)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その7回目の、お土産話のみっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『旅』
このごろ、空をよく見上げるようになった。
月を、見るんです。
まっくらな夜から
三日月、半月、まんまるお月さまになるまでに、
月が、毎日、まいにち、動いていくのは
月と、わたしたちが
いつもいつも、
旅をしているからなんだ。
だんだん、だんだん、月が太っていく間に、
だんだん、だんだん、昼間のお月様が、見えるようになっていくことに
あなたは、気がついていますか。

わたしは、旅ができない。
ここで、しなくちゃならないことがあって
なかなか、旅に出られない。
だけど、このごろ、思うんです。
ああ、ここにいても、
わたしは、旅をしてる。
今日も、月が、あんなに動いているのだもの。

月は、じっと見上げている間にも、空を渡っていく。
大きな、大きな、ひろい空を、
もしもわたしたちが歩いたら
どれだけ、時間がかかると思いますか。

わたしたちは、ここにいるだけで、じっとしているようにみえて
じっとしていない。
宇宙サイズの、大きな、大きな旅を、片時もやすまず
続けているのです。

お題*福田豊
曲* Alice in Wonderland
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

お題をくださった福田さんは、よく車で旅をして、素晴らしい写真を撮ってらっしゃる方なので、見た瞬間は、ぜんぜん違うことをイメージしました。機動力のある旅人の、自由気ままな放浪の旅、心むくまま風の吹くまま、雄大な自然に出会い、繊細ないのちをことほぎ……といったような。

が、短い協議によって、トリオの選んだ曲は『不思議の国のアリス』。ひとつめの音が聞こえた瞬間、旅はちいさくなり、同時におおきくひろがって、こんなお話になりました。


智恵

2015年4月12日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」