阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第170回『暗号解読(第7回お話ライブのお土産話その2)』

お客様からいただいたお題で、ジャズを演奏し、お話を書く、JAZZ&お話ライブ。その7回目の、お土産話のふたつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『暗号解読』

ひそやかな、ひそやかな営みである。
暗号は、閉じた手紙。
誰かから、誰かへの
同じ鍵を持つ者同士の、ひそやかな、手紙。

世の中の人々は、暗号などというものに縁がないのが普通で、
諜報部員などの使うものとして、映画や小説の中の存在だと思ってきたが
今、わたしたちのだれもが、日々、暗号をもちいて
閉じた手紙を送りあい、ひそやかな生活を送っていることを
彼は知っている。

インターネットというものが、人々をつなぐようになって
人々は、すべてのやりとりを、特別な鍵に守られて
ひそやかに、ひそやかに、営むことになった。

諜報部員と私たちが違うのは、わたしたちのほとんどが、
自分の持つ鍵を、知らないことだけだ。
わたしたちは、それでも、007も顔負けの、
危ない橋をわたり、危険な恋や、命を懸けた冒険を含む
ドラマティックな日常を、
暗号に守られて、生活しているのであって

そして
そして、
すべての恋が、失われるためにあるように
すべての橋が、試されるためにあるように、
すべての暗号は、例外なく、解読されるためにある。
そのように
わたしたちの暮らしは、
日々、彼によって、解読されつづけているのである。

お題*小西裕
曲* ナルディス
読み手*なくぞのかずき 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

「暗号」だなんて、ひごろ考えたこともないものですから、ちょっとめんくらいました。どう転ぶかわからないまま書き出して、音楽にのっていたら、こんなことになりました。

その場にいた方しかわからないことですけど、「お話」のトーンが変わったように見えるところは、すべて、音楽のトーンがかわったところです。
途中でなんだかロマンス的な音がしたので、「恋」ということばがでてきて、そのままロマンティック方面に展開するのかとわくわくしたら、そうはならず、お話ももとに戻ったのです。

お客様よりもミュージシャンに近い場所で、音楽に流されて、漂流しているような、航海してるような感じで書くのは、とても楽しいんです。この曲は初めて聴いたから、ことさら先が見えない感じが愉快でした。


智恵

2015年4月12日阿藤智恵&早川トリオ「お話&JAZZライブ」