阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第166回『ひがん花(第6回お話ライブのお土産話その9)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のここのつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『ひがん花』

好きな花です。とても。
不吉だなんて、言う人もありますね。
お寺さんの、墓地のほうなんかに、植えられている花ですしね。
毒があるのも、怖い感じがするのかもしれませんね。
けれど、ありふれた花や、ときにはお野菜にだって、毒があるのが、植物というものですよ。きょうちくとうだって、毒があるんですよ、あんなに、どこにでも、生垣や何かになって、よく咲いているのにね。生きているんですもの。簡単に、食べ物にされちゃ困りますよね。

ひがん花の、話でしたわね。
好きな花というのは、あの花の、強さかしらね。
秋になって、ふっと涼しくなってくると、もう、開いていますでしょう。
よく知らないで、歩いている人は、急に咲くので、驚いたりしていますわね。
ひがん花の、ふだんの姿を知っていたって、やっぱり、毎年驚いてしまったりもしますけれどね。
葉っぱが、あとで出ますでしょう。花が咲いているときは、茎の上に、ぽっと開く、繊細な、赤い、あるいは白い、細い、きれいなきれいな、姿だけ。

冬になって、他の草がみな枯れ果てた後に、ひがん花は、強い強いはっぱを茂らせ、球根を太らせているんですよ。

強い花です。
好きな花ですね。

お題*椎野和枝
曲* 即興
読み手*明樹由佳

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

阿藤智恵の、小品ながら他の作品に劣らない一種不思議な力のある戯曲『曼珠沙華』のことは、おそらく意識なさらずに書かれたお題だったと思います。でも、あ、曼珠沙華、と思われたお客さまもあったはず。即興の曲は、繊細なひがん花が風に揺れながら、いくつもいくつも咲いているような、美しく、どこか荘厳な光景……お話を書いているときには、実はなんとなくしか、音楽が聞けていないのですが、ちらちらと揺れる細かな光のきらめきがずっと続いている感じでした。
来年3月のわたしの新作『詩人の家』で「女優」役を演じてくれる女優、明樹由佳さんに読み手を頼んだら、山口さんのピアノとの丁寧な対話の中から、ゆっくりと、しずかに強い女性の姿が、浮かび上がってきたようでした。きっと、たくさんの大事な人を見送ってきて、ひとりになった今、なお強く、しっかりと生きている人……とてもすてきなセッションでした。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」