阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第165回『想像の翼を広げて(第6回お話ライブのお土産話その8)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のやっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『想像の翼を広げて』

大空を駆ける、ぼくの夢。
どこまでもどこまでも、飛んでいく。
空は広い。とんで、とんで、とんで、雲の上へとびだし、虹の橋を渡り、月を飛び越えて、ぎゅーんと急降下、海に飛び込めば、海は、深く、深く、光の届かないその下に、無限の暗がりが、重たい水の、重力の厚みの中で、僕の魂を、真っ赤に焦がす。深海魚と挨拶して、僕は水面に戻り、いるかと鬼ごっこ、くじらと歌をうたい、そうして、そうして、僕の、ベッドに戻る。

動かない僕の体。
けれど僕は、平気だ。
頭の中は、宇宙よりも広いと、言った人がいるのを知っているかい。

毎日まいにち満員電車に乗って、まいにち会社に行って、まいにち働いて、疲れて帰ってきて、そういうことが自由なのかい。
想像の翼でどこへでも行ける僕は、不自由なのかい。

ね、君は、どう思う?
君は、自由かい?
君の想像の翼は、君をどこへ、連れていく?

お題*白戸規之
曲* ひとつの予感
読み手*忘れ草

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

想像力ということばが大嫌いな友だちがいて、「想像力撲滅運動」というのをさかんに提唱していたことがありました。かなり長い間、彼女のために遠慮してたけど、想像力って、ほかに言いかえられる良いことばがないんですよね、結局、お世話になっています。「想像」だなんて、いかにも、外国語をとりいれるために作ったことばのような感じがするけれど、それまではこの感じ、どういうことばでいいあらわしていたのかなあ……

で、想像の翼です。リハーサルの時、今回初顔合わせのドラマー梅田稔さんがこの曲に持ち込まれた音が今まで聞いたことがない音でした。その、なんとも劇的な音に刺激され、今まで書いたこともないような、どろどろサスペンスなお話を書いてしまいました。今回もそうなっちゃうかと思ったら、音楽も、わたしの想像の世界も、同じことは二度は起きないのでして、こんなお話になりました。でも、これも少し、どきどきするお話になっていると思います。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」