阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第164回『煙が目にしみる(第6回お話ライブのお土産話その7)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のななつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『煙が目にしみる』

大人になったら、苦み走った男になって、こういう店に、通うはずだった。
こう、煙草なんか斜めにくわえて、少し、かためをすがめて、
微笑む顔も、なんかちょっと、ゆがんでんだよな。
孤独な背中。しぶい声。
オン・ザ・ロックが似合う男。
写真を撮るなら、白黒だぜ。
そこに現われる、赤いバラのような女?
どちらからともなく、二人はカウンターにもたれかかり、
言葉を交わすでもなく、見つめ合うでもなく
だけど小さく、グラスを合わせ、孤独な魂をふれあわせるのさ。
いいねえ。
実際おとなになってみたら、そんな大人になんかなったって、
今の半分も面白くなんかなかったと思うけど
時々、ジャズを聴くと、青くさい頃のこと思い出して、ちょっぴり、
苦い笑いが、うかぶこともあるんだよね。ごめんよ、少年の日の俺。
俺は、お前の思ってたような、孤独な大人には、なれなかったよ。

お題*N
曲* 煙が目にしみる
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

Nさんは、両親の家のお隣さん。とてもやさしそうな、というか、実際、やさしいおじさまです。今回、はじめて、ご夫妻でいらしてくださいました。Nさんには、母の犬がものすごくなついています。お隣の庭に出ていらっしゃると、室内にいてもきゅんきゅんうるさく、扉をあけてやろうものならすっとんでいって、フェンスごしにうるさくよびかけ、Nさんが撫でてくれるまで、いつまでも精一杯せのびをして、お隣に鼻先をつっこんでいます。申し訳ないくらいです。このお話は、なんとなく、そんなNさんをイメージして。お帰りの際、「ほんとに若い頃、そうだったんですよ」とおっしゃってくださって、やっぱり、やさしい方です。犬を介してしかお話したことのなかったNさんと、一緒にお話を作れてすごく嬉しかった。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」