阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第163回『合唱コンクール(第6回お話ライブのお土産話その6)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のむっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『合唱コンクール』

合唱コンって、みんな好きだろ。
みんな盛り上がってさ、クラスの団結っての、一体感っての、わかるんだけどさ。
俺、あんまし、好きじゃないんだよね。
好きじゃないってか、なんての、落ち着かないっていうかさ。
みんなみたいに、いっしょにがんばろー!とかさ、毎日まいにち、仲良く一緒にとか、歌が苦手なやつを、みんなで支えてとかさ、だいたい、でっかい口あけて、なんかニコニコしてとか、そういうのって、なんての? ま、いいや。別に、わかってもらうとか、思ってないし。
思ってないっていうかさぁ……
いや、そうじゃないよ、いいと思うよ、いっしょうけんめい、歌ってる子たちが、へんだとか、恥ずかしいとか、思ってないよ。いいと思うよ、あきちゃんとかさ、みえことか? いいよな、タナカとか、ミノルなんかさ、ここぞとばかりに、目立っちゃってさ、いや、俺、ちがうよ、べつに、あきちゃんのこと、いいなとか、思ってるんじゃないよ、ちがうよ、みえこなんか、ぜんぜん違うよ。違うってば。

お題*やっき
曲* シングシングシング with BAN
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

やっきさんは、去年10月の2回目ライブに来てくださって、いっぱいお題を出してくださって、そのとき、書けなかったお題のひとつがやっぱり「合唱コンクール」だったのを覚えています(かえって、ご本人が覚えていないかも)。

1年がたって、また、合唱コンクールの季節になったんだなあ……なんて、感慨を覚えるヒマもなく、ちょうどいいお題がきたというわけで、実は朝からリハーサルにも参加してくれていた歌い手BANちゃんがステージに。JAZZは初めてという彼女、はじめは少し緊張気味でしたが、トリオとのやり取りの中でみるみる元気にノッてきて、とたんに客席からは手拍子も。音楽ってこうだからたまらない。すごーく楽しかった!

さて、お話の方には、そんなキラキラ輝く彼女たちの姿にちょっぴり臆してしまう男子が登場。こんな中学生って、きっとどの教室にもいるような気がするんです。こういうものを読ませたら上手さが際立つワカメちゃんが、さらりと読んでくれました。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」