阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第162回『まる。(第6回お話ライブのお土産話その5)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のいつつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『まる。』

まるまるふとった、まるこちゃん。
ころころ、ころころ、ころがって。
どこへ。どこへ。どこへいく?

まるまるふとった、まるこちゃんまるこちゃんまるこちゃんまるこまるこまるこまるこまる、困った困った、こまったまるこちゃんは、まんまるまるい、さかみちで、まんまるまるい、ネコにあい

こまったこまったまるこです。
猫はいったよ。にゃーん、にゃん。

まるまるふとった、まるこちゃん。まるこちゃんまるこちゃんまるこちゃんまるこちゃーーーーん!
どこへいくの? どこへ? どこへ? どこへ?
こまったこまったまるこちゃん、ころころころころころがって
ちっちゃなボールにあいました。
おーい、このみち、どこまでいくの?
ボールは言ったよ、ぐる、ぐる、ぐるーん。

まるまるふとった、まるこちゃん。
ころころころころころがって、
いまごろ、どこへ、いったやら。
まるまるふとった、まるこちゃーーーーん!

お題*忘れ草
曲* 即興
読み手*あとうちえ

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

参りました。いろんな大きさの「まる」を、イラストで描いてくださった忘れ草さんのお題用紙を、ちゃんと番長こと山口三重子さんに見せたのに、小さなつぶつぶした「。」で始まった即興の音楽、いつまでたっても「。」の大きさが変わらずに、あとからあとから湧いて湧いて湧いて、いつまでたってもつぶつぶしているだけなんですもの。もう、わけがわからなくなってしまって、こんなもの、人には読ませられないと思って、自分で読みました。困りましたよ、本当に。もっと豊かで、ふんわり、まあるい、やわらかな「まる」に、展開するだろうと思ったのになあ。

とてもとても忙しく、とてもとてもとてもつぶつぶした、休憩後の一曲でした。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」