阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第161回『ありがと さよなら ごめんね(第6回お話ライブのお土産話その4)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のよっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『ありがと さよなら ごめんね』

ありがと、さよなら ごめんね。
人と人は、いつだって、この三つでたりる。

ありがと。さよなら。ごめんね。
出会って、別れて、かならず来るさよなら。
出会って、別れて、かならず来るごめんね。
出会って、別れて、かならず来るありがと。

生まれてきて、ありがと。
生きていてくれて、ありがと。
いつまでも、一緒にいられなくて、ごめんね。
永遠に、生きていられなくて、ごめんね。
さよなら。
さよなら。
さよなら。
いのちと、いのちは、いつだって、
この三つでたりる。

ありがと、さよなら!!!!!
ごめんね!!!!!!

お題*BAN
曲* ON GREEN DOLPHIN STREET
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

くじびきで引かれたこのお題、読みあげた時点で客席から「かなしい……」と声が上がったくらい、この三つのことばが並べば、とてもとても大切な誰かとの永遠の別れだってことはすぐわかる。はじめは曲のイメージから、切ない恋の話を書いてたけど、ほぼ書きあげる段になってから、待てよ、絶対こうじゃない、と気づきました。時間が足りるか心配だったけれど、はじめから全部書きなおし!

小学生の息子をつれてきてくれたBANちゃん、もしやこのお題、わたしもその昔ずいぶんとお世話になった、お母さまへの永訣の言葉だったらどうしよう!!! ほぼ泣きそうになりながら書きあげて、ワカメちゃんに読んでもらって、BANちゃんに、ひとことお願いしますと言ってみた。ゆっくりと立ち上がり、「実は、先日、わたしたちの大切な……」と間を置くBANちゃん。誰よ! 誰なの!!!??? 「……ペットのウサギがなくなりまして」ウサギさんには申し訳ないけれど、肩の力がすっかり抜けて、その後の話をほとんど聞いてなかったわたしであった。ごめんなさい。このときのBANちゃんのお話はとてもお客さまの心を打ったみたいで、ことに、愛するペットをなくした体験のある方は、いろいろと思い出すことがあったようです。客席中がしんみり……となったところで、第一部はここまで。しばしの休憩です。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」