阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第160回『詩人の家(第6回お話ライブのお土産話その3)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のみっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『詩人の家』
詩人はとても貧乏なので、なぜなら、詩でお金を稼げる人は、この国には、谷川俊太郎さんくらいしか、いないんじゃないかなと思うので(たぶん)、詩人の家は、きっと、とても小さな家だと思う。詩人には、大きな家はいらない。かみと、書くものがあれば、詩人は、いつでも、詩をかけるから。もしも紙も、えんぴつもなければ、詩人は、きぎれで、じめんに詩をかけるから。もしも、じめんも、きぎれもなければ、詩人は、自分の指を傷つけ、自分の血で、壁に詩をかけるから。もしも、自分の血も、自由にしぼりだせなければ、詩人は、心の中で、詩をかいて、心の中に、それをしまって、いつか、自由にものが言えるようになった時、大きな声で、その詩を読みあげればいいから。
詩人には、大きな家はいらない。
詩人には、何も要らない。
詩人に必要なのは、ただ、詩人だけだ。

お題*明樹由佳
曲* 即興
読み手*阿藤智恵

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

来年3月に上演の新作『詩人の家』で「女優」役を演じる女優、明樹由佳さんのお題。そのまんまやんけ!とツッコミたいお題に一瞬ひるみましたが、山口三重子さんはじめ、トリオのみなさんはもちろんひるむことなく、「即興で行こうか」と決まって演奏が始まる。ワタシとしてはここ何カ月も考えすぎるくらい考え続けてきた戯曲『詩人の家』の世界からはなるたけ遠くに離れ、“今、ここ”で生まれる即興に徹するべく、軽いタッチでいこうとしたのだが、なんせ曲が! これでもか! これでもか! と重厚、濃厚なのでありまして……あとからきいたら三人とも、ヨーロッパの、石造りの古い(中世の?)家をイメージしていたらしい。俗世間との交わりを断ち、冷たい石の家にこもり、詩の世界にひたすらに集中し、没頭して行く詩人……! とても軽々しい冗談やらいい加減な比喩なんか、書けるわけがないのでありまして、こんなお話になっちゃいました。さて、このお話と、来年の芝居『詩人の家』の関係は……? さて、どうかしら。少なくともわたしは「詩人の家」を石造りだとは、まったく考えたこともなかったです。
劇中で、俳優が演技をする脇で、お客様にいただいたお題で作家が詩作をするというこの芝居、いったい即興とはなんぞや、と思っていたらしい明樹由佳さん、トリオの皆さんの即興、作家の詩作と朗読に、得るものがとっても多かったらしいです。私はと言えば、何度かトライしてだいぶ慣れてきたつもりの朗読、あまりの力強い演奏の後ではとても緊張してしまって、久々に手が震えました。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」