阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第159回『月と太陽(第6回お話ライブのお土産話その2)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのお土産話のふたつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『月と太陽』

夜と、朝は、なかよしさん。
光と、闇は、なかよしさん。
あなたと、わたし、きみと、ぼく。

海の水が、ひかりにとけて、雲に なって、
山に、野原に、ふりそそぐ よう
太陽の ひかりは みずに とけて
月に、なって、夜空に、凍る。

あなたと、わたし、なかよしさん。
ふたりは、いつも、少し遠くて、けれども、近い、
あそこと、こことで、手を取り合って、
宇宙の、ダンスを 踊って いるの。

きみと、ぼくとは、 なかよしさん。
ふたりは、いつも そっぽを むきあい
せなかで けんか せなかで おしゃべり
そうして いつも おっかけっこ。

月と、 太陽、 なかよしさん。
あなたと、 わたし。
きみと、 ぼく。

お題*悠生
曲* YOU ARE THE SUNSHINE OF MY HEART
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『月蝕』というひとつめのお題にとても良く似たこのお題、最初は、宇宙のイメージから入ってったのだけれど、曲の感じに導かれて、恋人のような友だちのような、仲よしでいて憎い相手でもあるような、ちょっと複雑でかわいい二人が思い浮かび、それからようやく、そうか、これは悠生ちゃんのお題なのだから、彼女の二人の子どもたちのことだ、と思い当たり、会ったことがある二人を思い出そうとしたけれど、妹ちゃんのほうは実はその時まだお腹の中にいたし、お兄ちゃんもずいぶん大きくなったはずで、二人の姿はぼんやりとしたまま、宇宙のイメージも、恋人たちのイメージも消え去らなくて、こんな、お話になりました。
おうちに帰ってその日のうちに、悠生ちゃんが書いてくれた日記、とても嬉しかったので、ご紹介(こちらをクリックしてください)。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」