阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第167回『イガイガ(第6回お話ライブのお土産話その10)』

6回目のJAZZ&お話ライブ、そのさいごのお土産話です。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『イガイガ』             

みえこが見つめているあいだに、雲はどんどん、どんどん厚くなって、どんなに強く、息を吹きかけても、もう、赤い月の姿を、見せてはくれなかった。
 みえこはためいきをつき、冷めかけたシナモンティを飲みほしてから、空のカップをシンクに置いて、それでも、なんだか嬉しくて、そのまま、夜の散歩に出た。
 秋の風。
 冷たくて、その冷たさが気もちいい。
 みえこには、わかっていた。あの人も、きっと、そのまま、この風に吹かれている。
 山のほうへ、足は自然に向いていた。
 暗い山道は、今日は、もっと暗い。
 満月の夜だけれど、明るくなるのは、月蝕が終わって、雲が晴れてからだもの。今夜はもう、望み薄。
 だけど、みえこは平気だ。落ち始めた枯れ葉を踏んで、みえこはあるく。
 朝のうちに、栗拾いに来た道だから、目には見えなくても、もう、わかってる。
 ひとけのない道には、イガイガがたくさんころがって、秋の夜を、にこにこにこにこ、楽しんでる。いのちがつまっていた小さな丸い部屋を、そらにむけてぽかりと開いて、イガイガはにこにこしている。
 あの人と、ここへ栗を拾いに来たことがある。みえこはそのとき、拾った栗をすぐに茹でて、熱いのを、ふうふういいながら、スプーンですくって、食べた。たくさんすくって、お菓子にしようと思ったのに、あの人は栗が大好きで、みえこがちょっとお茶を入れに立って戻ったら、もう、だいたい、食べつくした後だった。
 みえこは足にさわったイガイガを、そうっと、ひろいあげた。
 気をつけたのに、指が、痛かった。
 あの人も、きっと今、わたしのことを、考えている。
 冷たい部屋に戻る前に、あと少し、ここで思い出に浸っていよう。
 明日には、わたし、あの人のことを心の奥にしまいこんで、平気で会社に出かけて行くんだから。涙が出るのは、指が痛いからだ。わたしは、平気。わたしの心も、にこにこしてる。そうよ。
 みえこは、からっぽのイガイガを、ぽーんと遠くに、投げ捨てた。

お題*K
曲* 枯れ葉
読み手*ワカメ


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

みえこの恋の物語、ひとつめのお話『月蝕』に続いていることに気づいていただけましたでしょうか。たぶん、3回目か4回目のお話ライブの時に思いついて、やろう、やろうと思いながらいつも果たせなかった、お話をゆるやかにつなげて、「小説風に」という試みを、今回、さいごのお話で、ぎりぎりすべりこみで、やってのけました!

今回のお話ライブでは、今まで一度も果たせなかったことをもうひとつ、完遂しました。それは、お話を全て、間違って消してしまわないで、保存したこと。手元のメモも、書けました。今まで毎回、ひとつかふたつは保存し損ねていて、DVDを見なから書き起こして再現していたのです。実はこの日の映像、ビデオカメラの不調のせいか、撮れていませんでした。もしも保存ができていなかったら、お土産話のアップもできないなあと思っていたら、ちゃんと全て残ってた。

ふたつの目標をなしとげて、大変な達成感です。

昨夏から3ヶ月にいちど開催してきたJAZZ&お話ライブ。そのペースで続ければ、次回は来年1月になるのですが、阿藤智恵の『詩人の家』公演のため、1回おやすみすることにいたしました。つまり、JAZZ&お話ライブ第1期は、これにて終了! 1年半のお付き合い、ありがとうございました。

こんどは来年4月12日(日)、おなじみちゅうりん庵で開催する予定です。番長ことピアニスト山口三重子さんとお話芸人阿藤智恵は、すでに第1期の反すう会(「反省会」の誤記ではありません、念のため)をひらき、第2期の計画について、あれこれと夢をふくらませました。2期目以降のJAZZ&お話ライブにも、どうぞおつきあいのほど、よろしくおねがいいたします。


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」