阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第158回『月蝕(第6回お話ライブのお土産話その1)』

台風が心配だったけれどちょうどよく晴れて、寒くなく暑くなく、気もちいい土曜日。とはいえ、急坂を上ってきたら汗ばむくらいだったのでしょうね、多くの方が、ウェルカムドリンクに冷たい梅スカッシュを選ばれました。ちょこっとおやつには「にこまるクッキー」をお配りして、さあ、6回目のJAZZ&お話ライブの開幕です。

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆             

『月蝕』             

月蝕の夜、みえこは冷たい風の吹くベランダに出た。
明るすぎる月は、既にかけ始めている。
仕事を早く抜けて、どうしても今夜の月が見たかったのは
ある人との約束があったからだ。

月蝕の夜は、月で待ってるから。
太陽の、赤い、赤い光だけが届く、
まんまるに、宇宙の真ん中にうかぶ、
ひとりぼっちの月の上で
あなたを、待ってるから。

あの夜から、まいにち、まいにち、みえこは月蝕の夜を、3年間待っていた。
課長がよそ見をしているあいだに、隣りの席のタナカくんにそっと目配せして、
目立たないように席を立って、そっと会社を抜け出し、急いでかえってきたのは
あの人に、会うため。

あたたかいシナモンティーを両手につつみこむようにして
みえこは
月を照らす、白い光がだんだん、だんだん、かげっていくのを見つめている。

あの人が、かならず、同じ月を見ているのを、
みえこは知っている。
白い雲が、赤い月を隠してしまいそうになるのに
みえこはおもいきり息を吹きかけた。
大きな雲は、まあるくふんわり月からはずれて、
赤い月から、今、あの人が手を振っている。
みえこは、声にならない声で、あの人の名前を叫び
ベランダから、大きく、大きく、手を振った。

お題*K
曲* FLY ME TO THE MOON
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

月蝕は、お話ライブの3日前、水曜日にありました。どれくらいの人がご覧になったでしょう。皆既月蝕になるのは7時半少し前からの約30分、ちょうどいい時間帯ではあったのですが、雲の多い空で、わたしは前半しか見られませんでした。

今回は、全てのお題用紙をお客様にくじびきしていただいたので、他のお題を全然見ないでいたら、あとから、もうおひとかた「月食」とお題を下さっているのがわかりました。このとき「月食」の方が引かれていたら、全く違うお話になっただろうなあ。「月蝕」と「月食」、だいぶ感じが違う。「月蝕」のほうが、神秘的で、魔法っぽい。Kさんのリクエスト”FLY ME TO THE MOON”の調べに乗って、ちょっと切ないお話になりました。

お話の中に「みえこ」さんや「タナカくん」を登場させたのは、新しい試みのための、小さなタネまき。自分の名前が連呼されたピアニスト山口三重子さん、少しドキドキしてくださったみたいです。

 


智恵

2014年10月11日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」