阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第156回『雨(第5回お話ライブのお土産話その9)』

 

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のここのつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 『雨』

水の中に住んでいる気分。
私の身体が美しい流線型に光る。
窓ガラスを叩き、光って流れていく雨は
私から 人間のことばを洗い流し
人間の罪を洗い流し
私は なにもかも忘れ
雨の空へ およぎ出す。

雲がこんなにあたたかく なつかしいなんて
風がこんなにつるつると やわらかいなんて
人間をやっていたころには 知らなかった。
私は 何も知らない光る魚。
過去も未来も 私の中にはない。
身体をくねらせ、水をはねちらかし
魚の言葉で 私は叫ぶ。
あぁ、雨! 雨! 雨!
私の全身が、今、笑っている。

長く尾をひいてふりしきる雨が
私を自由にしてくれたひととき。
ほんの少しだけ ほほえみを浮かべて、
さぁ、傘を手に街へ出よう。
ありがとう、くもり空、
ほんの少しだけ、
生きるのが楽に、なりました。

お題*歌野美奈子
曲* On Green Dolphin Street
読み手*輪島茂子

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

2本目の手書きです。1本目では、心の準備が整わない状態で不用意に始めたら、すっかり緊張して失敗したので、今度はぐっと覚悟して。そしたら比較的落ち着けて、ちゃんと枡目に収まる字が書けました。ああ、良かった。ホッとした。こういうときに、思うのですよね、わたしは俳優としてはてんでダメだったけれど、それでもやっただけのことはあるんだなあ、俳優をやめるとき、将来「やっててよかった」と思うことがあるなんて、想像もしませんでした。なにしろ、高校生の時から数えれば、15年も、やっていたのですもんね。人生、無駄なし。

前のお話が「大雨」で、次が「雨」、同じようなのが重なってしまったけど、今回のライブは全てのお題をお客様にくじ引きしていただいたので、こんなこともあります。構わず、書きました。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」