阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第155回 『大雨(第5回お話ライブのお土産話その8)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のやっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『大雨』             

来た! 雨! いきなり雷から来た。ひとつぶめから、大きな、大きな、雨の粒。ああ、私、考えていることがあったのに、だめだ、とりあえず、洗濯ものを取り入れて、やだ、早く、早く、早く、早く。きゃー、恐い、すごい雨。わー!!!

やだ、何? もう、終わり?

ええと、私、考えていたことがあったんだ、なんだっけ……
ええと、でも、あれだ、もしも、お天気になるなら……洗濯ものを、もう一度干す? 干さない? 干すか? やめるか?

考えてたことが、あったのよ。そう、あいつめ。あいつってのは、あたしの夫だけどさ、夫とかいうのがもう、腹が立つ。何が腹が立つって説明できないくらい、腹が立つ、立つんだけれど、あ、やっぱり、晴れるらしいな、洗濯もん、干すか。あ、なんだ、スマホ鳴ってる。ぶーぶー、ちょっと、待ってよ。洗濯もの、洗濯もの。ふぅ、忙しい天気の、夏だ。誰だ、メール? あ、あいつか、なんだって? ごめんなさい、ですか? え? プリン買ってくね、か。プリンか、プリンで、許しちゃうんだよな、あたし、あーあ、全く。あー、いい天気! さっきの雷、なんだったの? ああ、空の青! なんてきれいな光! プリンか、そうね、悪くない。

お題*北原千冬
曲* 即興~You’re the Sunshine of my Heart
読み手*三浦千枝

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

お題をいただいて、ミュージシャンの討議の末、即興で大雨を降らせた後に、お天気になってYou’re the Sunshine of my Heartにつなぐ、という方針も決まり、さて、とキーボードに向かったとたん、ものすごい雷鳴がとどろきわたり、もう、何も考えられなくなりまして、とにかく気になったのは洗濯ものだった、という、お話です。

頭の中をそのまま言葉にしたような、こういうのは三浦千枝さん大のお得意で、すらすらっと、見事に読んでくれました。

お題を下さった千冬さん、あとでうかがうと、北原家では、夫婦喧嘩をしても、こういう展開にはならないそうです。プリンじゃだめですか? ビールの方がいい? ってきいたら、「いえいえ、プリン大好きよ!」……私だって、プリンで許してあげるのに、みたいな笑顔がかえってきましたよ。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」