阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第154回 『探がし物(第5回お話ライブのお土産話その7)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のななつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 

『探がし物』

若い人に言いたいことがあります。
人生は、死ぬまで探しものですよ。
いつか、見つかる、と思っているでしょう。
見つかれば、その時は、と思っているでしょう。

探し物は、もちろん見つかります。
安心してください。
ちがうのは、その先です。
探して 探して 見つかるものは
そう、次の探し物なのです。
あなたが 何を探しにこの世にやって来たかを、
死ぬまでの人生をかけて探し出すのが、
生きる ということ。

人生は、死ぬまで、探し物です。

お題*樋口正夫
曲* ひとつの予感
読み手*阿藤智恵

 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

これ、手書きです。
手書きに挑戦しました。
お客様に、次回公演『詩人の家』では、劇中の「詩人」が書く詩を、わたしが舞台上で、原稿用紙にその場で書くのです!と説明し、そのために、年明けから半年、日々、手書きで、短時間で詩を書く練習を重ねてきました、と報告し、今から、初めて人前で書くのをやってみますから、どうぞご注目!と宣言したあとで怖気づき、……しないでください、とつけたして、さて、原稿用紙に向かったところ、いや、緊張してました、完全に。
後からコピーを取って、お客様にお渡しすることを考えて、いつものB5に200字詰めの原稿用紙ではなく、A4に400字詰めの用紙を使ったのですが、いつもより枡目が小さいということは、かえって早く書けてよさそうだという計算もあってのことだったのに、こうもあがってしまうと、字を枡目に収めるのが大変!はみだし、はみだし……いやあ、焦った……なんとか書き終えたのは良いけど、ひとさまに読んでいただくのはちょっとはばかられる状態になって、自分で読みました。
読み終えて、そんな状態になったことも、お客様に報告し、いやあ、だめだ、ちょっと1曲、間にはさんでから、もう一本、手書きをやらせてください、と言ってのけちゃったんだけれど、後から考えると、あのあたふたぶり、いったい、どう見えていたのかしらん? ライブの後の茶話会では、誰も手書きに初挑戦したことについてのご感想をきかせてくださらなかったけど……今、思い出してみるに、あの恐るべき焦りがよみがえるのもあって、今さらながら穴があったら入りたい気もちです。


智恵

2014年7月5日