阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第152回 『おいしいコーヒー(第5回お話ライブのお土産話その6)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のむっつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 『おいしいコーヒー』

朝、目が覚めて、まっさきに思うこと。
今日は、おいしいコーヒーを、いれることができるかな。

今はもういない、私の大事な人が、ある日言っていた。
コーヒーの香りをかぐと、君の機嫌がよくわかる。
台所にたって、コーヒーをいれる君の背中が
固いなあと思う日は、コーヒーの香りも固い。
黙っていても、怒っているなとわかるんだ。
じゃあさ、黙ってないで、謝れば?
ははは、と笑って、絶対謝らなかった彼。
だけど、あのことばが、あなたの、「ごめんなさい」だったのね。

怒っているなとわかるんだ。

最後のことばが それなんて、
神さまはどれだけ、いじわるなの?

泣いて、泣いて、涙でコーヒーがいれられそうなくらい泣いて
ある朝、思った、
ああ、あれからずっと、美味しいコーヒーをいれていない。
季節が、何度も、何度も巡っていたことも気づいていなかった私。
それからは、いつも、思うようにしてる。
毎朝、やわらかな、ふくよかな、ごきげんなコーヒーの香りを、
彼が、黙っていても、わかるような、素晴らしい香りのコーヒーを
わたしは、わたしのために、大切に入れて、一日をスタートしよう。
彼のためじゃない。
わたし自身のために。

 

お題*Y・M
曲* ALICE IN WONDERLAND
読み手*歌野美奈子

 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

少し前に、何人かの女性たちに、「取材」をさせていただいたことがあります。軽めの短篇小説の連作を書こうと思い立って、「普通の女性」のお話を聞いてみたかった。ブログ上で募集したら、見ず知らずの女性たちが、ご協力くださいました。「普通の女性」のお話を……とお願いし、ご自身も「私はすごく普通です」とおっしゃったように思うのだけれど、それぞれのお話がひとつひとつ、ぜんぜん「普通」じゃなく、大きすぎ、重すぎ、伺うだけで打たれてしまって、結局、その企画はお蔵入りになってしまったのですが、そのとき、私がおたずねしたのが「朝の習慣」について、きかせてください、という質問でした。
ふだんの朝、何時頃起きて、どんな風に、一日をスタートするか。
皆さん、戸惑われ、「え?だって別に、変わったことは何もしないですよ……」とおっしゃったけれど、起きてから三〇分間の習慣を、頭の中でたどりながら話をされるうちに、どなたも例外なく、それまでの全ての人生を語ることになっていくのでした。
朝のなにげないふるまいのひとつひとつが、その人の生きてきたすべての時間でできている。そんな「普通の朝」の物語を、いつか、ちゃんと書いてみたいと思っています。

第5回JAZZ&お話ライブ、第1部はここまで。
しばし、休憩です。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」