阿藤智恵のサイト


エッセイのお稽古

第151回 『夏の嵐(第5回お話ライブのお土産話その5)』

おかげさまで2年目に入った「お話&JAZZライブ」、そのお土産話のいつつめです。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

『夏の嵐』             

風がうずまく。
炎のように、もえて、もえて、何もかもを灰にする。

見えないものだと思っていた空気が
ありとあらゆる色をその中にはらみこんで
これ以上ない厚みと重みで生き物を
おさえつけ、ふりまわし、ふきとばす。

水がうずまく。
岩のように、かたく、かたく、たちあがり、何物をも通さない壁になる。

重力に従うものだと思われていた水が
おのれの力と、自由意思をあらわにし、
さかまき、飛びちり、矢のように飛ぶ。
海から空へ、陸から宇宙へ、雨が降り登っていく。

夏の嵐を見て、生きて帰ったものは、いない。
宇宙の果てへ、いのちを吹き飛ばされてしまう。

お題*増田辰夫
曲* チュニジアの夜
読み手*山口三重子

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

お題が決まって、「夏の嵐」、と読みあげたあと、いろんな候補曲が飛び交う中で、なんだか山口さんが、ちょっと違う方向の曲をあげてくるな、と思ったら、私のカツゼツが悪かったようで、番長、「砂の嵐」だと思っていたのだそうな。ははは。そんなことも、あります。ハプニングライブです。

お題をくださった増田辰夫さんは、ちゅうりん庵主、中林ご夫妻のバンド仲間のドラマー。早くからお越しになって、中林哲夫さんと仲良くお喋りなさっていたと思ったら、お題を何にしようか、ああでもない、こうでもないとずいぶん考えてくださっていたそうです。後から聞くと、ライブ会場に入る前に考えていたのと全く違う言葉がぱっと浮かんで、このお題を下さったそう。お題を下さるお客様が、どうやってそのお題を思いつかれたかという話、なかなか聞くチャンスがないんですけれど、お聞きすると皆さん、ほんとにあれこれ想いを巡らせて、お題を下さるのです。小さなドラマもあれば、大きなドラマもあって、その一言が、音楽になり、お話になって、会場の空気が動いていく、お話ライブって、1曲1曲が、ゆっくりとした会話のようでもあります。普段のなにげないお喋りでも、同じようなことが、実は猛烈な速さと勢いで、交わされているのですよね。


智恵

2014年7月5日阿藤智恵&Three Layers「お話&JAZZライブ」